受賞作ドットジェイピー

ブルーリボン賞

Wikipedia情報

ブルーリボン賞(ブルーリボンしょう)は、1950年(昭和25年)に創設された日本の映画賞である。 現在の主催は、東京のスポーツ7紙(スポーツ報知・デイリースポーツ・サンケイスポーツ・東京中日スポーツ・東京スポーツ・スポーツニッポン・日刊スポーツ)の映画担当記者で構成された「東京映画記者会」。当初は「東京映画記者会賞」の名称でスタートしたが後に「ブルーリボン賞」に改称された。ブルーリボン賞は加盟各社の合資と映画会社からの賛助金によって運営され、作品賞・個人賞計8部門の賞を毎年1月に発表、2月に授賞式が行われる。 沿革 1950年(昭和25年)、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞の映画担当記者を中心として「東京映画記者会」が設立され、1年間の映画界を総括する記者同士のおさらいの成果を、賞として世に問うとして「東京映画記者会賞」の名で始まった。

受賞作一覧

2018

第60回

2017

第59回

2016

第58回

2015

第57回

2014

第56回

2013

第55回

2012

第54回

2011

第53回

2010

第52回

2009

第51回

2008

第50回

2007

第49回

2006

第48回

2005

第47回

2004

第46回

2003

第45回

2002

第44回

2001

第43回

2000

第42回

1999

第41回

1998

第40回

1997

第39回

1996

第38回

1995

第37回

1994

第36回

1993

第35回

1992

第34回

1991

第33回

1990

第32回

1989

第31回

1988

第30回

1987

第29回

1986

第28回

1985

第27回

1984

第26回

1983

第25回

1982

第24回

1981

第23回

1980

第22回

1979

第21回

1978

第20回

1977

第19回

1976

第18回

1967

第17回

1966

第16回

1965

第15回

1964

第14回

1963

第13回

1962

第12回

1961

第11回

1960

第10回

1959

第9回

1958

第8回

1957

第7回

1956

第6回

1955

第5回

1954

第4回

1953

第3回

1952

第2回

1951

第1回

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 『アーテックロボ』作品がメイカーフェアでブルーリボン賞受賞 - 読売新聞 nicolaモデル・南沙良、主演2作目『無限ファンデーション』特報と場面写真が先行解禁 - 日刊エンタメクリップ (プレスリリース) (ブログ) 新垣結衣×瑛太「ミックス。」ノーカットで地上波初放送 - 映画ナタリー 大船駅「しらす弁当」(1000円)~芸術の秋! 掛け紙デザイナー・小川英恵さんと「見て楽しむ」大船軒の駅弁(2) - ニフティニュース 『くるみ割り人形と秘密の王国』日本語吹替え版キャストが決定!主人公クララ役に女優小芝風花さんが声優初挑戦で大抜擢!! - Disney公式 (プレスリリース) 多部未華子に「かわいくなった!」の声が殺到中 その素顔はちょっぴり意外? - AFPBB News 聖なるものは堕ちる宿命!?~TBS 「中学聖日記」の展開に期待~ - トレンドニュース (プレスリリース) (ブログ) 『くるみ割り人形と秘密の王国』で小芝風花が声優初挑戦! 坂本真綾&小野賢章も参加 - リアルサウンド 駅名募集した京浜急行さんへ。「鉄道の日」に新駅名を考えてみました。 - ハフィントンポスト 3年連続エントリー応募数、過去最高を記録 節目となる15回目へ突入!「第15回 ガラスびんアワード」開催 - PR TIMES (プレスリリース)