受賞作ドットジェイピー

関根賞(第1次)

Wikipedia情報

関根賞(せきねしょう)は、平安時代の文学、特に私家集の研究の第一人者として知られた関根慶子・お茶の水女子大学名誉教授の業績を称え、関根による基金を基に1993年から毎年表彰されている文学賞(文学研究の賞)である。 この賞は平安時代の文学・語学を研究した女性研究者を顕彰するものであり、毎年暦年(1月 - 12月)でその1年間に発表された平安文学の研究作品を審査に諮り、受賞した研究者に賞金20万円と賞状が贈呈される。いったん途絶したが2006年、第2次として復活した。 受賞作 第1回 1993年 望月郁子「類聚名義抄の文献学的研究」笠間書院 河添房江「源氏物語の喩と王権」有精堂出版(のち「源氏物語表現史」と改題、翰林書房) 第2回 1994年 該当作なし 第3回 1995年 宮川葉子「三条西実隆と古典学」改訂新版 風間書房 第4回 1996年 米田明美「「風葉和歌集」の構造に関する研究」笠間書院 第5回 1997年 清水婦久子「源氏物語の風景と和歌」和泉書院 第6回 1998年 安田徳子「中世和歌研究」 第7回 1999年 斎藤煕子「赤染衛門とその周辺」笠間書院 第8回 2000年 張龍妹「源氏物語の救済」風間書房 第9回 2001年 胡潔「平安貴族の婚姻慣習と源氏物語」風間書房 第10回 2002年 該当作なし 第11回 2003年 新田孝子「栄花物語の乳母の系譜」風間書房 加藤静子「王朝歴史物語の生成と方法」風間書房 第12回 2004年 圷美奈子「新しい枕草子論 主題・手法 そして本文」新典社 第2次 第1回 2006年 中村文「後白河院時代歌人伝の研究」笠間書院 近藤みゆき『古代後期和歌文学の研究』風間書房 第2回 2007年 丁莉「伊勢物語とその周縁-ジェンダーの視点から」風間書房 第3回 2008年 渡邉裕美子「最勝四天王院障子和歌全釈」風間書房 第4回 2009年 和田律子「藤原頼通の文化世界と更級日記」新典社 第5回 2010年 植田恭代「源氏物語の宮廷文化 後宮・雅楽・物語世界」笠間書院 第6回 2011年 岡嶌偉久子「源氏物語写本の書誌学的研究」おうふう  第7回 2012年 李宇玲『古代宮廷文学論-中日文化交流史の視点から』勉誠出版   第8回 2013年 家永香織『転換期の和歌表現 院政期和歌文学の研究』青簡舎   第9回 2014年 大津直子『源氏物語の淵源』おうふう   第10回 2015年 内田美由紀『伊勢物語考―成立と歴史的背景』新典社   外部リンク 関根賞運営委員会。

受賞作一覧

2004

第12回

2003

第11回

2001

第9回

2000

第8回

1999

第7回

1998

第6回

1997

第5回

1996

第4回

1995

第3回

1993

第1回