受賞作ドットジェイピー

関西文学選奨

Wikipedia情報

関西文學新人賞(かんさいぶんがくしんじんしょう)は、文学同人関西文學会が発行していた文芸雑誌『関西文學』の公募新人文学賞。エッセイと小説の2部門を持っていた。前身は関西文學選奨で、こちらは『関西文學』掲載作品から、読者推薦により編集部が選んだものであった。 受賞は選考委員の合議によって決定され、年1回発表されていた。2007年を最後に同誌が休刊して終了した。 関西文學選奨 第1回 (2000年) 入賞 外岡立比人 「顔」 志紀島啓 「アヴェ・マリア」 奨励賞 浦澄彬 「村上春樹を歩く」 関西文學新人賞 第1回 (2001年) 小説部門 入賞 新谷清子 「光る入江」 佳作 竹中正 「日暮れての道」 杉田純一 「雁主」エッセイ部門 佳作 上原なつみ 「神社猫のこと」 選考委員 小松左京、有栖川有栖、河内厚郎 第2回 (2002年) 小説部門 佳作 向山正家 「明治造幣局日記」 浅永マキ 「深爪」エッセイ部門 入賞 山本郁代 「羅漢まわし」 佳作 山田英子 「夜のとばりの烏丸通」 選考委員 小松左京、有栖川有栖、河内厚郎、村上知彦、佐伯順子 第3回 (2003年) 小説部門 佳作 永井清子 「月の汀」 沢田立夫 「ダニ」 選考委員 小松左京、有栖川有栖、河内厚郎、村上知彦、佐伯順子 第4回 (2004年) 小説部門 佳作 松原三和子 「わらわらと」 山沢和男 「階段の下」 中川裕之 「満ちない月」エッセイ部門 佳作 桑原史郎 「ボクの戦争」 野江遼子 「錯覚」 選考委員 有栖川有栖、河内厚郎、村上知彦、佐伯順子、堀江珠喜 第5回(2005年) 小説部門 入賞 野崎雅人「ティールーム」 小澤姿子「百獣の母」 佳作 米内糺「フェルメールの少女」 奨励賞 山本俊亮「カーミン」エッセイ部門 佳作 多祢雅夫「もう熱くないよ」 杉岡壱風「マスクメロン」 選考委員 有栖川有栖、河内厚郎、村上知彦、佐伯順子、堀江珠喜 第6回(2006年) 小説部門 佳作 三好郁子「明るい午後」 奨励賞 宮澤えふ「伝心」 選考委員 有栖川有栖、河内厚郎、村上知彦、堀江珠喜 第7回(2007年) 小説部門 奨励賞 佐藤保志「雪冤の日」エッセイ部門 入賞 杉岡壱風 「磁石」 佳作 中村久子 「輝く晩年」 選考委員 有栖川有栖、河内厚郎、村上知彦、堀江珠喜。

受賞作一覧

2000

第1回

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 村上克尚(芸術選奨新人賞) 人間との境目を考察 『動物の声、他者の声 日本戦後文学の倫理』 - 毎日新聞 誕生 大阪・茨木市主催「ゆかりの地で才能発掘」 - 毎日新聞 震災・原発避難者9割復興実感できず 関西で調査 - 神戸新聞 作家の石牟礼道子さん死去 90歳 「苦海浄土」 - 毎日新聞 小野市詩歌文学賞決まる 6月9日授賞式 - 神戸新聞 書き手の苦労と喜び 今回のゲスト 梯久美子さん(その1) - 毎日新聞 3月 ポスト真実の時代に 虚構が語る事実=田中和生 - 毎日新聞 関電、青森市に事業所 県内初進出、70人雇用 - 東奥日報 伊藤一彦さんに - 毎日新聞 日大は詳しい説明不可欠/アメフット反則 - 東奥日報