受賞作ドットジェイピー

バリントン・J・ベイリー

Wikipedia情報

バリントン・J・ベイリー(Barrington J. Bayley, 1937年4月9日 - 2008年10月14日)はイギリスのSF作家。ワイドスクリーン・バロックの代表的作家の一人。代表作に『カエアンの聖衣』『禅銃』『ロボットの魂』など。 バーミンガムに生まれ、10歳の時にシュロップシャーに移る。12歳の時に『アスタウンディング』などのSF雑誌を読み始め、A・E・ヴァン・ヴォクト、チャールズ・L・ハーネスの影響を受ける。1954年に「ヴァーゴ・スタッテン・サイエンス・フィクション」誌5月号に短編Combat's Endが掲載されて作家としてデビュー、『オーセンティック』誌などに作品を発表する。1955年から57年まで空軍で軍務に就いた後、ロンドンで様々な職業を経験しながらマイケル・ムアコックと知り合い、『ボーイズ・ワールド』誌に少年向けのヒーローものを合作、その後も単独でヒーローもの活劇を新聞に連載する。

受賞作一覧

2018

第19回SFが読みたい!ベストSF

1998

第28回英国SF協会賞

1990

第21回星雲賞

1985

第16回星雲賞

1984

第15回星雲賞