受賞作ドットジェイピー

マイケル・シェイボン

Wikipedia情報

マイケル・シェイボン(Michael Chabon, 1963年5月24日 - )は、アメリカの作家、脚本家。SFを中心に様々な作品を書いており、これまでにピューリッツァー賞 フィクション部門やネビュラ賞 長篇小説部門、ヒューゴー賞 長編小説部門、サイドワイズ賞などを受賞している。妻は作家のアイアレット・ウォルドマン。  ワシントンD.C.に生まれ、その後ペンシルベニア州やメリーランド州などで青年期を送る。カーネギーメロン大学に入学、その後ピッツバーグ大学に移り学士を修了。カリフォルニア大学アーバイン(UCアーバイン)で修士を取得する。カリフォルニア大学在学中に書いた最初の小説、『ピッツバーグの秘密の夏』がベストセラーとなり、小説家、また脚本家として成功の道をたどり始める。さまざまなハリウッド映画の脚本の起草を行っており、『スパイダーマン2』の脚本の草稿などを手がけ、また自身の小説である『ワンダー・ボーイズ』も映画化された。

受賞作一覧

2010

第11回SFが読みたい!ベストSF

2009

第16回イグノータス賞

2008

第56回ヒューゴー賞

第43回ネビュラ賞

第38回ローカス賞

第13回サイドワイズ賞