受賞作ドットジェイピー

三枝和子

Wikipedia情報

三枝和子(さえぐさ かずこ、1929年3月31日 - 2003年4月24日)は日本の小説家。兵庫県神戸市出身。夫は文芸評論家の森川達也。 旧姓四本。1948年、旧制関西学院大学文学部哲学科に入学、50年卒業、同大学院文学研究科修士課程に進学、武市健人にヘーゲルを学ぶ。51年中退、森川(本名三枝)と結婚。中学校教師をしながら、森川らと同人雑誌『文藝人』を創刊。63年、森川が兵庫県の実家の寺を継いだため、東京に仕事場をもち、東西往復生活が始まる。68年、『鏡のなかの闇』を刊行、69年、『処刑が行われている』を出版し、田村俊子賞を受賞する。 その後も多くの作品を発表したが、1988年以降は、平安朝の女性文学者、古代の女性などを主人公とする歴史小説を多く書いた。ほかに「響子」シリーズがある。また1991年刊行の『恋愛小説の陥穽』では、まだあまり例がなかったフェミニズム文学批評を実践した。 受賞歴 1963年 『葬送の朝』で第2回文藝賞佳作 1969年 『処刑が行われている』で第10回田村俊子賞 1983年 『鬼どもの夜は深い』で第11回泉鏡花文学賞 2000年 『薬子の京』で第10回紫式部文学賞 著書 鏡のなかの闇 審美社, 1968 処刑が行なわれている 審美社, 1969 死面の割れ目(1970年、新潮社) 八月の修羅(1972年、角川書店) 都市--その昏い部分 審美社, 1972 物語の消滅 審美社, 1972 乱反射 新潮社, 1973 珈琲館木曜社 集英社, 1973 夏から秋の光の中へ 角川書店, 1976 詩人と娼婦と赤ん坊 新潮社, 1976 恋愛小説  新潮社, 1978 月の飛ぶ村 新潮社, 1979 野守の鏡 集英社, 1980 思いがけず風の蝶 冬樹社, 1980 隅田川原 集英社, 1982 丹波夜能 中央公論社, 1983 鬼どもの夜は深い(1983年、新潮社) さよなら男の時代 人文書院, 1984 崩壊告知 新潮社, 1985 花蔵院日記 雪華社, 1985 半満月など空にかかって 福武書店, 1985 曼珠沙華燃ゆ 中央公論社, 1985 光る沼にいた女 河出書房新社, 1986 女たちは古代へ翔ぶ 読売新聞社, 1986 幽冥と情愛の契りして 講談社, 1986 ギリシアみやげは死体付き 中央公論社, 1986 群ら雲の村の物語 集英社, 1987 その日の夏 講談社, 1987 響子微笑(ひびきこみしょう) 新潮社, 1988 小説清少納言「諾子(なぎこ)の恋」(1988年、読売新聞社、のち福武文庫) その冬の死 講談社, 1989 小説かげろうの日記「道綱母・寧子の恋」 読売新聞社, 1989(のち福武文庫) 男たちのギリシア悲劇 福武書店, 1990 その夜の終りに 講談社, 1990 和泉式部「許子の恋」 読売新聞社, 1990(のち福武文庫) 響子愛染 新潮社, 1991 女王卑弥呼 講談社, 1991(のち文庫) 恋愛小説の陥穽 青土社, 1991 小説紫式部「香子の恋」 読売新聞社, 1991(のち福武文庫) 小野小町「吉子の恋」 読売新聞社, 1992(のち福武文庫) ひとひらの舟 樋口一葉の生涯 人文書院, 1992 雨のなか 河出書房新社, 1993 響子悪趣 新潮社, 1993 血塗られた女王 甦るギリシャ悲劇 広済堂出版, 1993 小説クレオパトラ 読売新聞社, 1994 響子不生 新潮社, 1994 光源氏と禁じられた恋 平安朝・女たちの愛と結婚 広済堂出版, 1994 女性のためのギリシア神話 角川書店, 1995 うそりやま考 新潮社, 1995 女の哲学ことはじめ 青土社, 1996 伝説は鎖に繋がれ 青土社, 1996 神様の居候たち 青土社, 1996 出雲王朝挽歌 読売新聞社, 1996 女が自分を生きるということ 海竜社, 1997 万葉の華 小説坂上郎女 読売新聞社, 1997 午睡のあとプラトーンと 新潮社, 1998 岡本かの子 新典社(女性作家評伝シリーズ) 1998 推古天皇 斑鳩に桃李咲く KSS出版, 1999.5 淳和院正子 講談社, 1999 薬子の京(1995年、講談社) 女帝・氷高皇女 講談社, 2000 ギリシア神話の悪女たち 集英社新書, 2001 今は昔、猫と私の関係 講談社, 2002 くろねこたちのトルコ行進曲 めるくまーる, 2005 年譜 「女性作家シリーズ  三枝和子・林京子・富岡多惠子」(角川書店, 1999)に収載 関連項目 神戸文学館。

受賞作一覧

2000

第10回紫式部文学賞

1983

第11回泉鏡花賞

1969

第10回田村俊子賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 王智新:反思与迷惘:日本文学如何反思侵略战争 - 中文导报