受賞作ドットジェイピー

三池崇史

Wikipedia情報

三池 崇史(みいけ たかし、1960年8月24日 - )は、大阪府八尾市出身の日本の映画監督。 来歴・人物 幼少時代を三重県で過ごし、大阪工業大学高等学校、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)を卒業する。今村昌平、恩地日出夫、野田幸男、西村潔、井上梅次、村川透らの助監督を経て、1991年にビデオ映画『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。コメディからバイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。1998年に、『TIME』誌がこれから活躍が期待される非英語圏の監督として、ジョン・ウーと並び10位に選出。クエンティン・タランティーノ、イーライ・ロス、パク・チャヌクなど、海外の監督にも影響を与えた(『殺し屋1』など)。また、オマー・ロドリゲス・ロペス、フライング・ロータスなど、海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。旧名は三池モバ。ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」「映像化可能であれば、まず何でもやってみる」と公言しており、多作である。

受賞作一覧

2011

第65回毎日映画コンクール

2010

第23回日刊スポーツ映画大賞

関連トピックス

7 Japanese Things People Do in ‘Terrace House’ That May Puzzle Foreigners - NextShark Japan takes a backseat at Cannes - The Japan Times