受賞作ドットジェイピー

上橋菜穂子

Wikipedia情報

上橋 菜穂子(うえはし なほこ、1962年7月15日 - )は、東京都生まれの児童文学作家、ファンタジー作家、SF作家、文化人類学者。日本児童文学者協会会員。父は洋画家の上橋薫。 香蘭女学校中学校・高等学校を経て、立教大学文学部史学科卒業、同大学院博士課程(後期課程)単位取得退学。後に博士(文学)(立教大学、2007年)。女子栄養大学助手、武蔵野女子短期大学(→武蔵野女子大学短期大学部を経て現・武蔵野大学)非常勤講師、川村学園女子大学講師を経て、同大学児童教育学科教授、2012年10月には、特任教授として教育学部児童教育学科で児童文学を担当している。 幼児から父方の祖母から、多くの民話を聞いて成長する。また両親は多くの本を読んでくれ、母からは『モモちゃんとプー』、『もじゃもじゃペーター』そして父からは『西遊記』、『水滸伝』。初めて自分で選んだ本は『王様の剣』だった。多くの物語を読むとともに幼い時から物語を作ることを目指していた。母方の祖母の家が野尻湖にあったが、小学校5、6年で、1962年野尻湖の化石の第1次発掘でのナウマンゾウとヤベオオツノジカの化石発見について、自由研究で調査文章を書く。

受賞作一覧

2015

第12回本屋大賞

第4回医療小説大賞

2014

第30回国際アンデルセン賞

2004

第42回野間児童文芸賞

2003

第52回小学館児童出版文化賞

2001

第23回路傍の石文学賞

2000

第40回日本児童文学者協会賞

1997

第44回産経児童出版文化賞

1996

第34回野間児童文芸新人賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 上橋菜穂子「守り人」シリーズ外伝『風と行く者』、11月にハードカバー、軽装版同時刊行! - ニコニコニュース 信濃町は「第二の古里」 作家の上橋菜穂子さん - 信濃毎日新聞 角野栄子さん「物語は言葉の辞書」アンデルセン賞授賞式 - 朝日新聞 「物語の生まれる我孫子」 ブックカバーとしおりでPR 3都県の書店で配布 /千葉 - 毎日新聞 ドラマの世界を体験 高知 /高知 - 毎日新聞 上橋菜穂子の独創世界 高知県立文学館で企画展 資料280点 - 高知新聞 『ほの暗い永久から出でて』 上橋菜穂子、津田篤太郎著 - 読売新聞 日本の児童文学に高まる評価 「アンデルセン賞」相次ぎ受賞 国内市場も話題書続々 - 産経ニュース 「魔女の宅急便」作者・角野さん - 毎日新聞 【精霊の守り人】実写版を原作者・上橋菜穂子はどう観た? - ハフィントンポスト