受賞作ドットジェイピー

久世光彦

Wikipedia情報

久世 光彦(くぜ てるひこ、1935年4月19日 - 2006年3月2日)は、日本の演出家、小説家、実業家、テレビプロデューサー。テレビ制作会社「株式会社カノックス」創業者。テレビドラマ、小説ともに受賞多数。 歌謡曲作詞や脚本家としてのペンネームに市川 睦月(いちかわ むつき)、小谷 夏(こたに なつ)、林 紫乃(はやし しの)など。なお、兄は元参院議員・金融再生委員長を務めた久世公堯。 来歴・人物 当時の東京市杉並区阿佐谷生まれ。 父親は陸軍軍人で転属により、小学校2年のとき北海道札幌市へ移り、終戦の年に両親の故郷・富山県富山市へ疎開し、その後高校卒業まで富山で育つ。富山市立西田地方小学校、富山大学教育学部附属中学校、富山県立富山高等学校、東京大学文学部美学美術史学科卒業後、ラジオ東京(現・TBS)入社。同期に、鴨下信一・柳井満・山本文郎らがいる。 演出家、プロデューサーとして『寺内貫太郎一家』、『時間ですよ』などテレビ史に残る数多くのテレビドラマを製作した。

受賞作一覧

2007

第51回エランドール賞

2001

第29回泉鏡花賞

1994

第7回山本周五郎賞

1993

第3回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 【コラム】 - 東京新聞 幕が下りてやまぬ拍手 樹木希林さん、愛された自然体 - 日本経済新聞 橋爪功が是枝裕和監督の手紙代読 「2度、母を失ったような悲しみ」 - 毎日新聞 一期一会の儚さ、何度も会いたい切なさ。『日日是好日』に見る樹木希林の稀有な魅力 - IGN JAPAN 樹木希林さん逝く 見事な生き方に近づけたら - 毎日新聞 「とっておき」秘話 ベテラン記者が明かす「夫婦観」「母娘観」 - 毎日新聞 『食べる女』原作・筒井ともみ、主演は絶対に小泉今日子で!「彼女自身がとても“おいしそう”」 - cinemacafe.net 小泉今日子×浜田真理子 「久世光彦が残した音楽と言葉」 - Billboard JAPAN 久世光彦十三回忌メモリアル「雛の家」リーディングに浅丘ルリ子 - ステージナタリー 寂しい坂少年の日の記憶 - 読売新聞