受賞作ドットジェイピー

乙羽信子

Wikipedia情報

乙羽 信子(おとわ のぶこ、本名・新藤信子(旧姓・加治)、1924年(大正13年)10月1日 - 1994年(平成6年)12月22日)は、日本の女優。愛称は「オカジ」。 鳥取県西伯郡米子町(現・米子市)西倉吉町に生まれる。父の家に引き取られ、大阪で育つ。間もなく、饅頭屋の養女となり、神戸市に移る。 小学校のときから日本舞踊を習い、また、養父の姉に連れられて宝塚歌劇を見に行くうち、憧れるようになる。 1937年(昭和12年)、宝塚音楽歌劇学校(現・宝塚音楽学校)に入学。宝塚歌劇団27期生。同期生に越路吹雪、月丘夢路、東郷晴子、大路三千緒、浦島千歌子、瑠璃豊美らがいる。この芸名は養母が信仰する新興宗教の教師が命名した。宝塚入団時の成績は93人中49位。1939年(昭和14年)の公演『宝塚花物語』で同期生達と共に初舞台を踏む。なお、この時代は同期でも初舞台演目はそれぞれ異なった。 戦後、再開された公演でトップ娘役(主に雪組公演出演)を務める。淡島千景と人気を二分し、戦後の宝塚歌劇団第一期黄金時代を支えた。 1950年(昭和25年)、娘役に限界を感じ始め、松竹入りした淡島に倣うように『雨月物語/キュウバ/人魚姫』を最後に宝塚歌劇団を退団。

受賞作一覧

1996

第40回エランドール賞

第19回日本アカデミー賞

1995

第50回毎日映画コンクール

第8回日刊スポーツ映画大賞

1992

第47回毎日映画コンクール

1989

第14回菊田一夫演劇賞

1968

第23回毎日映画コンクール

1967

第17回ブルーリボン賞

1954

第4回ブルーリボン賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 咲妃みゆ、宝塚の大先輩・乙羽信子さん役で女優デビュー! - サンケイスポーツ 新藤兼人と乙羽信子 - 朝日新聞 元花組トップ娘役、花乃まりあが「越路吹雪物語」で大先輩・淡島千景を熱演! - webザテレビジョン 「午後の遺言状」新藤兼人監督が描いた“老い” - 毎日新聞 【文豪の湯宿】理髪師の実話から着想 田宮虎彦が「銀心中」を執筆した宿 - AERA dot. 新藤監督、愛人・乙羽信子と描いた人間と性 - ZAKZAK “若手の登竜門”だけじゃない 『朝ドラ』の汎用性とは? - ORICON NEWS 渡辺えり「意地悪な役を演じるときは私をいじめた子の真似をする」 - SmartFLASH 沢田研二、小野ヤスシ、乙羽信子… 鳥取県出身の映画人たち - WEDGE Infinity 朝ドラ人気ヒロインの名前由来は? おしん、め以子、谷田部みね子… - スポーツニッポン