受賞作ドットジェイピー

五木寛之

Wikipedia情報

五木 寛之(いつき ひろゆき、1932年9月30日 - )は、日本の小説家・随筆家。作詞家としての活動も多い。旧姓は松延(まつのぶ)。 生い立ち 1932年、教員の松延信蔵とカシエの長男として福岡県八女郡に生まれる。生後まもなく朝鮮半島に渡り、父の勤務に付いて全羅道、京城など朝鮮各地に移る。少年時代は、父から古典の素読や剣道、詩吟を教えられた。第二次世界大戦終戦時は平壌にいたが、ソ連軍進駐の混乱の中では母死去、父とともに幼い弟、妹を連れて38度線を越えて開城に脱出し、1947年に福岡県に引き揚げる。 引き揚げ後は父方の祖父のいる三潴郡、八女郡などを転々とし、行商などのアルバイトで生活を支えた。1948年に(旧制)福岡県立八女中学校に入学、ゴーゴリやチェーホフを読み出し、同人誌に参加してユーモア小説を掲載。福岡県立福島高等学校に入学、ツルゲーネフ、ドストエフスキーなどを読み、テニス部と新聞部に入って創作小説や映画評論を掲載した。

受賞作一覧

2010

第64回毎日出版文化賞

2002

第50回菊池寛賞

1976

第10回吉川英治文学賞

1967

第56回直木賞

1966

第6回小説現代新人賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 家持と親鸞 富山が育む 富大 作家・五木寛之さん講演 - 中日新聞 私が出会った「スゴい営業マン」が実践していたこと (1/3) - ITmedia 脱・雰囲気で決める老人ホーム。見学前日までに必要な「11の準備」 - PR TIMES (プレスリリース) 生徒たちはそれを「渋幕的自由」と呼ぶ…「自調自考」の精神 - 読売新聞 金沢泉鏡花フェス開幕 市民芸術村 演劇など企画多彩 - 中日新聞 「生活保護受けても馬券買う権利ある」と唱えた作家も… 『わかっちゃいるけど、ギャンブル! ひりひり賭け事アンソロジー』 - 産経ニュース 世界観、深めたい 松浦理英子さん 金沢で授賞式 /石川 - 毎日新聞 孤独な老人ならば人生は豊かになる 『孤独のすすめ 人生後半の生き方』五木寛之著 - 産経ニュース いつだって目の前の仕事に力を尽くす/バンダイナムコウィル 取締役 一木裕佳さん - cafeglobe 生活のために繊細さを失くすことが必要だった 電子書籍版「はじめに」<美しい暮らし> - エキサイトニュース