受賞作ドットジェイピー

内田春菊

Wikipedia情報

内田 春菊(うちだ しゅんぎく、1959年8月7日 - )は、日本の漫画家、小説家、エッセイスト、女優。本名は内田 滋子。ノックアウト所属。落語立川流の門下でもあり、高座名「立川於春の方」を持つ。 長崎県長崎市出身。小学生の時に漫画家を志すが、実母と養父から漫画を描く事を禁じられ、隠れて豆本漫画を描いていた。中学時代に同級生の子を身籠ったことをきっかけに、養父から性的虐待を日常的に受けたことから家出。長崎県立長崎南高等学校1年途中で学校側から強制退学させられる。慶應義塾大学文学部哲学科通信教育課程に入学するも、「スクーリングのカリキュラムが不親切」と通うこともなく中退する。 その後、印刷会社の写植やバーのホステス、喫茶店のウェイトレスなどを経て、ペンネームの名付け親でもある編集者・プロデューサーの秋山道男に出会い見出される。その後、彼女の個性を認めたいしかわじゅんの紹介もあって、1984年、双葉社発行の『小説推理』に掲載された『シーラカンスぶれいん』で漫画家としてデビュー。

受賞作一覧

1994

第4回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 大腸がんで人工肛門、お酒も恋愛もやめた 内田春菊さん - 朝日新聞 ダイエットのはずが…大腸がん 内田春菊さんのストーマ - asahi.com ダイエットのはずだった 内田春菊さんを襲った大腸がん - asahi.com (患者を生きる:3662)食べる 内田春菊とストーマ:3 普段の生活に戻る喜び - asahi.com (患者を生きる:3663)食べる 内田春菊とストーマ:4 お酒と恋愛を卒業 - asahi.com (患者を生きる:3661)食べる 内田春菊とストーマ:2 微妙な位置、肛門残せず - asahi.com 結婚10年「元専業主夫」が33歳で離婚した理由 - 東洋経済オンライン 大腸がんとストーマの日常、赤裸々に 漫画で理解深めて - 朝日新聞 人工肛門、装具の進化で使いやすく 悲観せず向き合って - 朝日新聞 人工肛門との生活 退院の日にラーメン、日常が戻る喜び - asahi.com