受賞作ドットジェイピー

冲方丁

Wikipedia情報

冲方 丁(うぶかた とう、1977年2月14日 - )は、日本の小説家、脚本家。日本SF作家クラブ会員。本名は藤野峰男。 1977年、岐阜県各務原市生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。その後、埼玉県立川越高等学校に入学。1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞し小説家デビュー。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。日本SF作家クラブ会員。『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、舟橋聖一文学賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。 家族は妻と息子と娘の4人家族。自宅は福島県福島市にあるが、2011年3月11日に発生した東日本大震災により母と妹夫婦の住む北海道池田町に避難した。しかし現在は福島に戻っている。 2014年7月17日、自身の作品の二次創作を一定のルールの下で全面解禁することをブログ上で発表した。

受賞作一覧

2013

第10回本屋大賞

2012

第3回山田風太郎賞

2011

第4回大学読書人大賞

2010

第7回本屋大賞

第31回吉川英治文学新人賞

2008

第9回SFが読みたい!ベストSF

2004

第5回SFが読みたい!ベストSF

2003

第24回日本SF大賞

1996

第1回スニーカー大賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 「女性の自己解放と自己表現」作家・冲方丁が官能小説を書いたワケ - ハフィントンポスト 「破蕾」冲方丁著 - 日刊ゲンダイ 全12話の新作「THE BEYOND」が19年に上映 - 毎日新聞 冲方丁の書き下ろし最新作『スモール・プラネット』を無料公開! - ダ・ヴィンチニュース 冲方丁が語る『攻殻機動隊』と『ブレードランナー 2049』が描く“一歩先のSF” - T-SITEニュース 桐野夏生、冲方丁、宮内悠介ら13作家が対決、『角川新春麻雀大会』生放送 - CINRA.NET(シンラドットネット) 関ケ原合戦など熱く 冲方さん、クリスさんがトーク - 岐阜新聞 とある企業の先輩と後輩社員。2人の問答の行き着く先は…? 冲方氏の書き下ろし最新作『スモール・プラネット』 - ダ・ヴィンチニュース 「攻殻機動隊ARISE/新劇場版」全収録BD-BOX発売記念でシリーズを作り上げた冲方丁さんにインタビュー - GIGAZINE 冲方丁:「攻殻機動隊 ARISE」「新劇場版」を語る 目指したのは「可愛い素子」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)