受賞作ドットジェイピー

堀田あけみ

Wikipedia情報

堀田 あけみ(ほった あけみ、1964年5月28日 - )は日本の作家、椙山女学園大学国際コミュニケーション学部教授。結婚後の本名は小原朱美。 愛知県海部郡七宝町(現在のあま市)出身。愛知県立中村高等学校、名古屋大学教育学部を経て、同大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。 1981年、中村高校在学中に『1980アイコ十六歳』が文藝賞を受賞。最年少の受賞として話題となるとともに、映画化・コミック化もされた。 デビューが早かったこともあり、堀田の成長とともに作風が変遷したあとが読みとれる。初期の作品には、高校や大学を舞台としたものが多く見られ、登場人物一人一人の性格・心理が細かく描き分けてられている。その後、恋愛をテーマにした作品が増えるが、「思い詰めるくらいに深く恋する女性」「どこか頼りない男性」が登場するものが多い。 セリフの中に名古屋弁が使われる作品が多い(比較的最近の作品には、少なくなった)。 夫は写真家の小原玲。長男マナト・次男カイト・長女コトコの、三児の母。うち、次男カイトは自閉症スペクトラム障害であり、『発達障害だって大丈夫』で紹介されている。

受賞作一覧

1981

第18回文芸賞