受賞作ドットジェイピー

多和田葉子

Wikipedia情報

多和田 葉子(たわだ ようこ、1960年3月23日 - )は、日本の小説家、詩人。 来歴・人物 東京都中野区生まれ。国立市で育つ。東京都立立川高等学校、早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。書籍取次会社に入社して西ドイツ・ハンブルクに研修に行ったことがきっかけでドイツに魅せられるようになり、ハンブルク大学大学院の修士課程を修了する。1982年から2005年までハンブルク、2005年よりベルリン在住。1987年、ドイツにて2か国語の詩集を出版してデビュー。1991年、書類結婚の相手を異国に訪ねた女が味わうミステリアスな体験を描いた『かかとを失くして』で第34回群像新人文学賞受賞。1992年、『犬婿入り』で第108回芥川龍之介賞を受賞。1996年、ドイツ語での文学活動に対し、バイエルン芸術アカデミーからシャミッソー文学賞を授与される。2000年、ドイツの永住権を取得。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。博士号(ドイツ文学)を取得。2005年、ゲーテ・メダルを受賞。著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、フランス語訳、英訳、イタリア語、中国語などの翻訳も出ている。

受賞作一覧

2013

第64回読売文学賞

2011

第64回野間文芸賞

第21回紫式部文学賞

2003

第39回谷崎潤一郎賞

第14回伊藤整文学賞

2002

第12回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

2000

第28回泉鏡花賞

1993

第108回芥川賞

1991

第34回群像新人文学賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated ベルリンの10歳が「思考」した北朝鮮 多和田葉子 - 朝日新聞 多和田葉子作品でしか体験できないこと。『地球にちりばめられて』 - asahi.com もしも母国がなくなったら 多和田葉子さん新刊「地球にちりばめられて」 切り離せない痛みと美しさ - 産経ニュース 沼野充義・評 『地球にちりばめられて』/『エコラリアス』 - 毎日新聞 誰もが移民になりえる時代に。失われた言葉を探して旅する先で見つけるものとは『地球にちりばめられて』 - ダ・ヴィンチニュース したため「文字移植」東京で再演、小説の言葉を俳優に“移植”する試み - ステージナタリー 5月 震災後の表現 小説の可能性示す=田中和生 - 毎日新聞 【鴻巣友季子氏書評】故郷を離れ彷徨う者の言語を巡る物語 - NEWSポストセブン 5月 私のおすすめ 倉本さおり(書評家) - 毎日新聞 『地球にちりばめられて』 著者・多和田葉子さん - 毎日新聞