受賞作ドットジェイピー

大友克洋

Wikipedia情報

大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。 1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった。近年は主に映画監督として活動している。 幼少の頃より、手塚治虫の「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」を見て育つ。中学時代に漫画家を志すが、高校時代は映画漬けの日々を送り一時漫画から離れる。当時は映画を作りたいと思っていたが、一人立ちを考えて漫画を描き始め、1971年末に処女作『マッチ売りの少女』を執筆。

受賞作一覧

2012

第16回文化庁メディア芸術祭

1995

第50回毎日映画コンクール

1984

第15回星雲賞

第8回講談社漫画賞

1983

第4回日本SF大賞

1982

第13回星雲賞

1981

第10回日本漫画家協会賞

関連トピックス

Looks like an Akira x Supreme collab might be dropping pretty soon - The Hyped Geek How To Make Tokyo Look Cooler? Akira Murals - Kotaku Hands On with the Official Akira Bike - Kotaku Why There Won't Be Akira 2 - Kotaku