受賞作ドットジェイピー

大沢在昌

Wikipedia情報

大沢 在昌(おおさわ ありまさ、本名同じ、1956年3月8日 - )は、ハードボイルド・冒険小説作家、推理作家。 愛知県名古屋市出身。実父は中日新聞記者。 東海高校卒業。慶應義塾大学法学部中退。文化学院創作コース中退。 家には父親の本が大量にあり、小学校に入る前後から児童文学書を多く買ってくれた。その中で『名探偵カッレくん』シリーズや『シャーロック・ホームズ』シリーズなどの推理小説を愛読し、影響を受ける。 小学生5年生から中学校3年までほぼ毎週、親の買い物に同行すると自分は書店に行き、帰りに創元推理文庫やハヤカワポケットミステリから選び買ってもらえるようになる。小学校5年頃から、アガサ・クリスティ、エラリー・クイーンなど本格派ミステリを読む。 中学生で、ウィリアム・P・マッギヴァーン『最悪の時』でハードボイルド小説に開眼する。中学2年でレイモンド・チャンドラーを読み、ハードボイルド小説家になろうと決心する。アメリカン・ハードボイルドを乱読するようになる。 中学2年生の頃に初めてハードボイルト短編120枚の習作『うずき』を執筆し、未発表だが、暴力団に殺された同僚記者の娘を体を張り守る内容に今の原型がある。

受賞作一覧

2014

第48回吉川英治文学賞

2012

第30回日本冒険小説協会大賞

2010

第14回日本ミステリー文学大賞

2007

第25回日本冒険小説協会大賞

2004

第17回柴田錬三郎賞

2002

第20回日本冒険小説協会大賞

2001

第19回日本冒険小説協会大賞

1994

第110回直木賞

1991

第12回吉川英治文学新人賞

第44回日本推理作家協会賞

1979

第1回小説推理新人賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 「爆身」大沢在昌著 - 日刊ゲンダイ 岡崎 武志・評『爆身』『猫はしっぽでしゃべる』ほか - 毎日新聞 4位に湊かなえ著『未来』 5月26日 八重洲ブックセンター本店調べ フィクション - 産経ニュース 大沢在昌氏最新刊『爆身』電子書籍配信開始!旧作6作品も一挙配信! - PR TIMES (プレスリリース) 大沢在昌氏最新刊『爆身』発売記念サイン会開催決定! 5月25日(金)八重洲ブックセンター本店にて。 - PR TIMES (プレスリリース) 直木賞作家・大沢在昌の新刊『覆面作家』発売!自身がモデルであるハードボイルド&ミステリー作家の主人公「私」が魅せる、“大沢在昌のリアル”とフィクションの狭間を ... - PR TIMES (プレスリリース) 悔しいほど予想できない展開 『俺はエージェント』大沢在昌著 - 産経ニュース 古き良き時代へのオマージュ 70代、80代の老スパイたちが大暴れする痛快エンターテインメント「俺はエージェント」 大沢在昌さん - ZAKZAK 鈴木京香、大沢在昌原作「冬芽の人」でテレ東ドラマ初主演 瀬戸康史と年の差コンビで事件を追う - エイガドットコム 大沢在昌ワールドにどっぷり浸かるのにオススメ! 『秋に墓標を』『魔物』『天使の爪』『天使の牙』『特殊捜査班カルテット』それぞれ合本版が一挙配信! - ダ・ヴィンチニュース