受賞作ドットジェイピー

大西民子

Wikipedia情報

大西 民子(おおにし たみこ、1924年(大正13年)5月8日 - 1994年(平成6年)1月5日)は、昭和期の日本の歌人である。本名菅野民子。日常の風景をあらわした短歌、あるいは西欧の画家に印象を受けた短歌で知られる。
1924年(大正13年)5月8日、岩手県盛岡市に父菅野佐介、母カネの三姉妹の次女として生まれる。城南尋常小学校、盛岡高等女学校(現岩手県立盛岡第二高等学校)を経て、奈良女子高等師範学校(現奈良女子大学)へ進む。石川啄木に憧れ、在学中に前川佐美雄の短歌指導を受ける。卒業後、県立釜石高等女学校(現岩手県立釜石南高等学校)の教諭となり、終戦を迎えた。1947年(昭和22年)結婚、男児を早死産し半年あまり病床にあった。
1949年(昭和24年)大宮市(現さいたま市)に居を移し、埼玉県教育局職員となる。このころ木俣修に入門、のち『形成』創刊に参加、編集等に携わる。1956年(昭和31年)、第一歌集『まぼろしの椅子』を刊行し、以後『不文の掟』『無数の耳』『花溢れゐき』と続く。10年間別居中の夫と協議離婚。1972年(昭和47年)には同居していた妹、佐代子の急死により身寄りのすべてを失い、『雲の地図』を出す。以後『野分の章』『風水』『印度の果実』『風の曼陀羅』を刊行する。

受賞作一覧

1992

第7回詩歌文学館賞

1982

第16回迢空賞