受賞作ドットジェイピー

安部公房

Wikipedia情報

安部 公房(あべ こうぼう、1924年(大正13年)3月7日 - 1993年(平成5年)1月22日)は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房(きみふさ)。 東京府で生まれ、少年期を満州で過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、30ヶ国以上で翻訳出版されている。 主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』(同名短編集の第一部。この短編で芥川賞を受賞)『砂の女』(読売文学賞受賞)『他人の顔』『燃えつきた地図』『箱男』『密会』など、戯曲に『友達』『榎本武揚』『棒になった男』『幽霊はここにいる』などがある。劇団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の候補と目された。 生涯 生い立ち 満州医科大学(現・中国医科大学)の医師である父・安部浅吉と、母・よりみの長男として、東京府北豊島郡滝野川町(現:東京都北区西ヶ原)に生まれる(本籍地は北海道上川郡東鷹栖町(現旭川市)。

受賞作一覧

1974

第26回読売文学賞

1967

第3回谷崎潤一郎賞

1962

第14回読売文学賞

1951

第25回芥川賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 小島秀夫監督、「DEATH STRANDING」のゲームプレイと設定を語る - IGN JAPAN 【昭和のことば】奇跡的な戦後経済発展ウラに…世相つかんだ「三等重役」(昭和26年) - ZAKZAK 建築家の安藤忠雄氏はこれまでに5つの臓器を摘出も仕事邁進 元気の理由を語る - ニフティニュース 大森南朋、桐谷健太が血走った 俳優を追い込む狙い - 映画な生活 - 芸能 ... - 日刊スポーツ 【アジアで会う】金承福さん 出版社「クオン」経営者 第181回 本でつなぐ日韓文化(日本) - NNA.ASIA 安部公房はAIがお嫌い? - 日経ビジネスオンライン タチエス、電動カートの輸入販売事業に参入 - 時事通信 <俳優生活40年>妹尾和夫「自分の劇作りに酔っていた大学時代 ... - THE PAGE 第150回 「『皇帝(しいざあ)』に『希星(きてぃ)』……。異次元へ向かって進化し続ける、日本の名前のあれこれ」 - 女性自身 [大弦小弦]安部公房の短編小説「闖入者(ちんにゅうしゃ)」は… - 沖縄タイムス