受賞作ドットジェイピー

山本健吉

Wikipedia情報

山本 健吉(やまもと けんきち、1907年(明治40年)4月26日 - 1988年(昭和63年)5月7日)は、文芸評論家。本名は石橋貞吉。 文芸評論家石橋忍月の三男。最初の妻は俳人の石橋秀野。なお秀野の妹は漫画家の清水崑の妻である歌人の清水恒子。 来歴・人物 石橋忍月の三男として、長崎市に生まれる。旧制長崎中学、慶應義塾大学国文科卒業。折口信夫に師事した。 日本の古典詩歌に詳しく、古典作品と現代文学との関係の究明に力を注いだ。また、ながく文芸時評もつとめ、現代文学に関する著作も多い。「第三の新人」という用語を最初に用いた人物でもある。 1929年、藪秀野(のち俳人石橋秀野)と結婚。このころ二人とも当時、非合法下の日本共産党に入党。1932年、特高警察に一か月近く拘留される。 1933年、改造社に入社し、1934年創刊の総合俳誌「俳句研究」に携わり現代俳句への造詣を深める。 1939年8月、「俳句研究」の座談会「新しい俳句の課題」で人間探求派なる用語が生まれた。司会、山本健吉、参加者、中村草田男、加藤楸邨、石田波郷、篠原梵。

受賞作一覧

1981

第34回野間文芸賞

1979

第11回日本文学大賞

1972

第24回読売文学賞

1962

第14回読売文学賞

1956

第2回新潮社文学賞

1955

第7回読売文学賞