受賞作ドットジェイピー

川口松太郎

Wikipedia情報

川口 松太郎(かわぐち まつたろう、1899年(明治32年)10月1日 - 1985年(昭和60年)6月9日)は日本の小説家、劇作家、日本芸術院会員、戦後の大映映画の専務。松田昌一の名で映画脚本も手がける。 東京市浅草区浅草今戸町(現在の東京都台東区今戸)出身。学歴は石浜小学校卒業。後妻は女優の三益愛子。三益との子は俳優の川口浩(長男)、川口恒(次男)、川口厚(三男)。、元女優で陶芸家の川口晶(国重晶)(長女)。 来歴・人物 洋服屋や、警察署の給仕、1915年(大正4年)の夏から約1年間、栃木県芳賀郡にあった祖母井郵便局に電信技士として勤務などした後、久保田万太郎に師事する。1915年小山内薫門下の脚本研究会員1923年(大正12年)の関東大震災の後、大阪のプラトン社に勤め、直木三十五と共に働き、『苦楽』の編集に当たる。劇団新生新派主事1938年(昭和12年)、大映監査役専務1947年(昭和21年)、同取締役1960年(昭和34年)、明治座取締役制作部長、浪花楽天地監査役。

受賞作一覧

1969

第3回吉川英治文学賞

1963

第11回菊池寛賞

1935

第1回直木賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 夜の部「法界坊」猿之助筆頭にワンピース一座の若手が活躍 - ニフティニュース <評>怜悧な猿之助 歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」 - 東京新聞 吉例顔見世大歌舞伎 絵のような所作で=評・小玉祥子 - 毎日新聞 菊五郎、吉右衛門、猿之助らが活躍。吉例顔見世大歌舞伎、開幕! - ニフティニュース 『人情馬鹿物語』川口松太郎著 作家・翻訳家・青木奈緒 心底やさしいまなざし - 産経ニュース 中村時蔵 歌舞伎美を清元に乗せて 11月、東京で対照的な2役 - 毎日新聞 【創立80周年!泣き笑い梅沢劇団伝説】代名詞の女形は「やりたくなかった」 “心意気”と“庶民性”で観客動員数は美空ひばり超えの勢い - ZAKZAK 天王寺かいわい 大阪空襲で大きな被害 軍使用の防空壕も /大阪 - 毎日新聞 明るく、分かりやすい! 昭和の大衆小説が再ブーム - 日本経済新聞 【昭和のことば】当時陸上100M世界タイを記録、吉岡選手にささげられたことば「暁の超特急」(昭和10年) - ZAKZAK