受賞作ドットジェイピー

平野啓一郎

Wikipedia情報

平野 啓一郎(ひらの けいいちろう、1975年6月22日 - )は日本の小説家。 愛知県蒲郡市で生まれたが1歳で父親(享年36)を亡くし、2歳から18歳まで母親の実家があった福岡県北九州市八幡西区で育つ。私立明治学園中学校を経て福岡県立東筑高等学校、京都大学法学部卒業。高校時代に80枚の処女長編を執筆。大学では小野紀明ゼミ(政治思想史)に所属し、バーでのアルバイト、軽音サークル、小説の執筆などに重点を置いた生活を送る。 在学中の1998年、執筆に1年を費やした『日蝕』を『新潮』に投稿。15世紀のフランスを舞台に神学僧の神秘体験を明治期の作家を思わせる擬古文で描いた作品で新人としては異例の一挙掲載がなされ、「三島由紀夫の再来」と喧伝されるなど華々しいデビューを飾る。翌1999年、『日蝕』により第120回芥川賞を当時最年少の23歳で受賞(ただし月数も考慮すると、平野は丸山健二より約6か月年長)。同年、泉鏡花風の幻想譚『一月物語』(いちげつものがたり)を発表。 2002年、19世紀のパリを舞台にショパン、ドラクロワ、ジョルジュ・サンドらの織り成す人間模様を描いた『葬送』を刊行。

受賞作一覧

2009

第19回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

1999

第120回芥川賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 平野啓一郎氏 差別にはうんざり、被害者に寄り添い書きたい - NEWSポストセブン 平野啓一郎×小川洋子「フィクションだけがもつ力とは」 - 文春オンライン わたしたちを形作るもの 平野啓一郎さん「ある男」 - 朝日新聞 平野啓一郎さん 人間の優しさを問う - 日本経済新聞 『ある男』 平野啓一郎さん - 読売新聞 【日本のインフラ】 平野 啓一郎さん - 西日本新聞 閉塞する文学×作家・平野啓一郎さん 鬱屈打ち破れ、シーン一新 世代論、無意味化の岐路 - 毎日新聞 わたしたちを形作るものとは 平野啓一郎さん新刊「ある男」 - asahi.com 若林正恭が明かす「ぼくが海外ひとり旅を好きな理由」 - 文春オンライン JTフォーラム - 日本海新聞