受賞作ドットジェイピー

戸坂潤

Wikipedia情報

戸坂 潤(とさか じゅん、1900年9月27日 - 1945年8月9日)は、日本の哲学者。 来歴・人物 東京市生まれ。青南小学校、東京開成中学校、第一高等学校(現東京大学教養学部)理科を経て、1924年京都帝国大学文学部哲学科卒業、同大学院進学。京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)講師、同志社女子専門学校(現同志社女子大学)講師、神戸商科大学講師、大日本帝国陸軍少尉等を経て、1929年大谷大学教授就任も、翌年検挙(一週間で釈放)。1931年から1934年まで法政大学講師。後に同大教授となる。(1933年に法政騒動で教養学部辞職。余波は続き1934年に文学部解職。1935年、1938年検挙。1940年保釈出所するも1944年に東京拘置所、空襲のため1945年に長野刑務所へ移送。)ちなみに三木清は1930年に検挙されており、その意味で戸坂は三木の後任だったと言える。 もともとは物理学専攻であったが、後に西田幾多郎の下で哲学を学ぶ。西田に師事する一方で、軍部のイデオロギーに観念論的に影響を与えたとして西田や田辺元らを批判した。

受賞作一覧

1967

第21回毎日出版文化賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 【戦後70年】長崎原爆、ソ連参戦 1945年8月9日はこんな日だった - ハフィントンポスト 「ああ、暗い二月がまたやって来た」ー多喜二を思う - レイバーネット日本