受賞作ドットジェイピー

新藤兼人

Wikipedia情報

新藤 兼人(しんどう かねと、1912年(明治45年)4月22日 - 2012年(平成24年)5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。日本のインディペンデント映画の先駆者であった。近代映画協会会長。従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。 人物・経歴 映画界に入るまで 1912年(明治45年)、広島県佐伯郡石内村(現・広島市佐伯区五日市町)生まれ。4人兄弟の末っ子。広島市内から一山越えた農村で豪農の家に生まれるが、父が借金の連帯保証人になったことで没落した。田畑を売り、たったひとつ残った蔵で父母と3人で暮らし、石内尋常高等小学校(現広島市立石内小学校)へ通う。当時、長兄は尾道警察署に勤務、姉2人は家が没落したため長姉は花嫁移民として渡米し次姉は広島で看護師になった。なお生家であるその蔵は1999年まで新藤の生家として保存されていたが取り壊され、当地には「生誕の地」碑が建っている。1927年(昭和2年)石内尋常高等小高等科を卒業後、広島市内の親戚の家に預けられた。

受賞作一覧

2012

第66回毎日映画コンクール

第54回ブルーリボン賞

第25回日刊スポーツ映画大賞

2011

第59回菊池寛賞

第36回報知映画賞

第24回日刊スポーツ映画大賞

2004

第13回日本映画批評家大賞

2003

第47回エランドール賞

2001

第10回日本映画批評家大賞

1996

第40回エランドール賞

第19回日本アカデミー賞

第5回日本映画批評家大賞

1995

第50回毎日映画コンクール

第20回報知映画賞

第8回日刊スポーツ映画大賞

1993

第2回日本映画批評家大賞

1988

第32回エランドール賞

1979

第2回日本アカデミー賞

1978

第33回毎日映画コンクール

1975

第30回毎日映画コンクール

1962

第7回エランドール賞

1950

第5回毎日映画コンクール