受賞作ドットジェイピー

村田喜代子

Wikipedia情報

村田 喜代子(むらた きよこ、1945年4月12日 - )は、日本の小説家。梅光学院大学文学部客員教授。福岡県中間市在住。
福岡県八幡市 (福岡県) 八幡市(現在の北九州市八幡西区)出身。八幡市立花尾中学校卒業。やや怪奇味を帯びた作風だが、『龍秘御天歌』ではリアリズムに転じた。「鍋の中」を黒澤明が『八月の狂詩曲』として映画化した際には不満で、「ラストで許そう黒澤明」を『文藝春秋』に寄稿した。
『百年佳約』(下記参照)の挿絵を担当したスペイン在住の画家堀越千秋とは親友。
現在、泉鏡花文学賞、川端康成文学賞、紫式部文学賞選考委員。
水中の声(1975/昭和50年)
1977年 第7回九州芸術祭文学賞最優秀作に選定。これを境に本格的な執筆活動に入る。

受賞作一覧

2014

第65回読売文学賞

2010

第63回野間文芸賞

1998

第25回川端康成文学賞

1997

第7回紫式部文学賞

1992

第20回平林たい子文学賞

1990

第29回女流文学賞

1987

第97回芥川賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 九州芸術祭文学賞 - 毎日新聞 小島ゆかり・評 『火環 八幡炎炎記 完結編』=村田喜代子・著 - 毎日新聞 重鎮の死を悼む 芥川賞・村田喜代子さん - 毎日新聞 『八幡炎炎記(やはたえんえんき)/火環(ひのわ)』 村田喜代子著 - 読売新聞 池内 紀・評『火環 八幡炎炎記 完結編』村田喜代子・著 - 毎日新聞 芥川賞作家・村田喜代子さん、28日午後2時から福岡・ミリカローデン那珂川で - 毎日新聞 村田喜代子さん新刊「焼野まで」 がん闘病から生命の根源へ迫る - 産経ニュース 村田喜代子さん『熱愛』 じっと見るうちに崩れ - 毎日新聞 八幡炎炎記 村田喜代子著 - 日本経済新聞 『屋根屋』著・村田喜代子---屋根屋を捕らえる - 現代ビジネス