受賞作ドットジェイピー

桐野夏生

Wikipedia情報

桐野 夏生(きりの なつお、1951年10月7日 - )は、石川県金沢市生まれの小説家。本名:橋岡まり子。別のペンネーム野原野枝実(のばら のえみ)や桐野夏子の名でロマンス小説、ジュニア小説のほか、森園みるくのレディースコミック原作も手がけている。 妊娠中に友人に誘われ、ロマンス小説を書いて応募し佳作当選。以後、小説を書くのが面白くなって書き続けたという。ミステリー小説第一作として応募した『顔に降りかかる雨』で第39回江戸川乱歩賞を受賞。ハードボイルドを得意とし、新宿歌舞伎町を舞台にした女性探偵、村野ミロのシリーズで独自の境地を開く。また、『OUT』では平凡なパート主婦の仲間が犯罪にのめりこんでいくプロセスを克明に描いて評判を呼び、日本での出版7年後に米国エドガー賞にノミネートされ、国際的にも評価が高い。代表作に『顔に降りかかる雨』(1993年)、『OUT』(1997年)、『柔らかな頬』(1999年)、『グロテスク』(2003年)、『東京島』(2008年)など。

受賞作一覧

2011

第62回読売文学賞

2010

第17回島清恋愛文学賞

2009

第19回紫式部文学賞

2008

第44回谷崎潤一郎賞

2005

第5回婦人公論文芸賞

2004

第17回柴田錬三郎賞

2003

第31回泉鏡花賞

1999

第121回直木賞

1998

第51回日本推理作家協会賞

1993

第39回江戸川乱歩賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 週刊文春の長期連載シネマチャートが書籍化、歴代評者に洞口依子や山城新伍 - 映画ナタリー 岡崎 武志・評『フォークソングの東京』『モンテレッジォ』ほか - 毎日新聞 5月20日(日曜)朝刊で紹介する予定の本 - 読売新聞 湊かなえさん受賞逃す「仲間入りの感じ」 - 毎日新聞 桐野夏生さん「そのときどきの最善を尽くし、誠実に書く。それだけを変わらずにしている」 - asahi.com 木下優樹菜こそ、「VERY」専属モデルにふさわしい――彼女が持つ「滝沢眞規子にないもの」とは? - サイゾーウーマン 「JKビジネス、現実に執筆追いつかない」桐野夏生さん - 朝日新聞 桐野夏生、冲方丁、宮内悠介ら13作家が対決、『角川新春麻雀大会』生放送 - CINRA.NET(シンラドットネット) 桐野夏生が挑む、文豪と女たちの「デンジャラス」な四角関係 - ダ・ヴィンチニュース 【新連載試し読み】桐野夏生『インドラネット』 - カドブン