受賞作ドットジェイピー

江國香織

Wikipedia情報

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。  1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。 東京都世田谷区出身。順心女子学園(現広尾学園中学校・高等学校)、目白学園女子短期大学国文学科卒業。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。 1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、はないちもんめ小さな童話賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。

受賞作一覧

2015

第51回谷崎潤一郎賞

2012

第38回川端康成文学賞

2010

第5回中央公論文芸賞

2007

第14回島清恋愛文学賞

2004

第130回直木賞

2002

第15回山本周五郎賞

1999

第21回路傍の石文学賞

1992

第2回紫式部文学賞

第7回坪田譲治文学賞

1991

第38回産経児童出版文化賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 江國香織さんがミケランジェロの未完彫刻から感じた“職人”の心 - 朝日新聞 江國香織が語った青春時代 中2で書き始めた小説「かっこつけて書いていた」 - AERA dot. 江國香織が語る 最新刊『物語のなかとそと』 - 日本経済新聞 ドラマチックな物語の醍醐味が味わえる、角田光代訳『源氏物語』中巻、いよいよ刊行! - PR TIMES (プレスリリース) 【イベント】代官山文学ナイト:井上荒野×江國香織トークイベント『あの映画みた?』(井上荒野 江國香織 新潮社)刊行記念 - T-SITEニュース 江國香織が選ぶ 「基本の自分に戻る」ための3冊 - 日本経済新聞 【イベント】代官山えほんのはなし『アンデルセンのおはなし』刊行記念 江國香織トークイベント&朗読会&サイン会 - T-SITEニュース 発売前の本の“ゲラ”が読める「NetGalley」から新着作品の紹介(2018年11月5日号) #NetGalleyJP - HON.jp News Blog (プレスリリース) (ブログ) 園田涼と江國香織、日本初公開のミケランジェロ《ダヴィデ=アポロ》と対面 - BARKS 井上荒野×江國香織が100本以上の映画を語る書籍「あの映画みた?」発売 - 映画ナタリー