受賞作ドットジェイピー

渥美饒兒

Wikipedia情報

渥美 饒児(あつみ じょうじ、1953年5月27日 - )は、日本の小説家。静岡県浜松市出身。本名・丈兒。日本大学文理学部社会学科卒業。 『ミッドナイト・ホモサピエンス』で第21回昭和59年度文藝賞を受賞。 2003年、女子高生コンクリート詰め殺人事件を元にノンフィクション・ノベル『十七歳、悪の履歴書』を出版した。翌2004年にはこの本を原作とした映画「コンクリート」が中村拓監督、高岡蒼佑・三船美佳主演により上映される。 2010年3月より1年2ヵ月にわたり、『沈黙のレシピエント』を「ハワイ報知」「静岡新聞」に連載する。 著書 『ミッドナイト・ホモサピエンス』河出書房新社 1985年 『ジョン・レノンをめぐる旅―ニューヨーク感傷旅行』日之出出版 1990年 『森のヒポクリット』集英社 すばる3月号 1992年 『孤蝶の夢―小説北村透谷』作品社 1996年 『ジャパン・シンドローム』作品社 2001年 『十七歳、悪の履歴書-女子高生コンクリート詰め殺人事件』作品社 2003年 『原子の闇』中央公論新社(上・下巻)2011年 『沈黙のレシピエント』中央公論新社 2012年 外部リンク 公式サイト。

受賞作一覧

1984

第21回文芸賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 「潜在殺」渥美饒児著 - 日刊ゲンダイ 「雑草社会がつくる日本らしい自然」根本正之著 - 日刊ゲンダイ