受賞作ドットジェイピー

矢作俊彦

Wikipedia情報

矢作 俊彦(やはぎ としひこ、1950年7月18日 - )は、日本の小説家。本名は非公表。  来歴・人物 神奈川県横浜市生まれ。東京教育大学附属駒場高等学校(現・筑波大学附属駒場高等学校)を留年により4年かけて卒業。 17歳の時ダディ・グースの筆名で漫画家デビュー(コミックサンデー)。以後、創刊間もない週刊漫画アクションで様々なファクターを劇画的文脈で混ぜ合わせパロディに仕立てた型破りな作品を発表するが、しばらくして沈黙。 当初は映画監督志望で、伯父の口利きで大映の京都撮影所に行き、見習いの助監督として働いたが、勝新太郎の逆鱗に触れて退職。東京に戻ってからシナリオを執筆したが、ト書きより地の文章が長くなり、周囲から「お前、これはシナリオじゃない。小説だ」と言われたため、『ミステリマガジン』編集長の太田博(各務三郎)に見せたところ同誌に採用され、1972年 ハードボイルド短編小説『抱きしめたい』(ミステリマガジン)で小説家デビュー。

受賞作一覧

2005

第23回日本冒険小説協会大賞

2004

第17回三島由紀夫賞

第1回本屋大賞

1998

第8回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated テイクオフ:磨かれた木の机の上に、… - NNA.ASIA 宍戸錠×矢作俊彦 対談 かつてこの国には「殺し屋」がいた - GQ JAPAN 谷口ジローの世界を求めて - nippon.com フィルムノワール/黒色影片 矢作俊彦著 - 日本経済新聞 谷口ジローさん死去 『孤独のグルメ』の作者「フランスでは神のように讃えられていた」 - ハフィントンポスト 『POPEYE』カレー特集にU-zhaan、cero高城、コムアイ、かせきら登場 - CINRA.NET(シンラドットネット) 筒井康隆を読まずに死ぬとかあり得ない。原点「東海道戦争」を改めて読んで唸った - エキサイト: ニュース キム・カーダシアンが表紙の『GQ JAPAN』12月号は10月24日発売! - GQ JAPAN おばあちゃんの名前なぜカタカナ? - ニコニコニュース 宍戸錠 - GQ JAPAN