受賞作ドットジェイピー

石垣りん

Wikipedia情報

石垣 りん(いしがき りん、1920年(大正9年)2月21日 - 2004年(平成16年)12月26日)は、詩人。代表作に「表札」。 東京都生まれ。4歳の時に生母と死別、以後18歳までに3人の義母を持つ。また3人の妹、2人の弟を持つが、死別や離別を経験する。小学校を卒業した14歳の時に日本興業銀行に事務員として就職。以来定年まで勤務し、戦前、戦中、戦後と家族の生活を支えた。そのかたわら詩を次々と発表。職場の機関誌にも作品を発表したため、銀行員詩人と呼ばれた。『断層』『歴程』同人。 第19回H氏賞、第12回田村俊子賞、第4回地球賞受賞。教科書に多数の作品が収録されているほか、合唱曲の作詞でも知られる。 年譜 1920年 東京赤坂の薪炭商の第1子として生まれる。 1922年 弟(長男)が生まれる。 1924年 関東大震災の時の怪我が元で母、死去。同年に生まれた妹(次女)は、静岡県西伊豆の母の実家へ。 1926年 仲之町尋常小学校に入学。 1927年 父、亡妻の妹と再婚。 1929年 義母、死去。 1930年 父、再婚。 1931年 妹(三女)が生まれる。

受賞作一覧

1971

第12回田村俊子賞

1969

第19回H氏賞