受賞作ドットジェイピー

石森史郎

Wikipedia情報

石森 史郎(いしもり ふみお、1931年7月31日 - )は、北海道羽幌町出身の日本の脚本家。エ・ネスト所属。 北海道留萌高等学校を経て、日本大学芸術学部を卒業した。日大在学中に執筆した『晩鐘』がシナリオ作家協会新人シナリオコンクールに入賞する。テレビ『ママちょっと来て』で脚本家デビューする。 映画は日活の『噂の風来坊』から始まり、『私は泣かない』、『ああ、ひめゆりの塔』執筆後、松竹に所属する。『約束』、『旅の重さ』、『同棲時代』、『愛と誠』、『ふれあい』、『凍河』、『博多っ子純情』を執筆後、フリーとなる。 その後東宝『暴力学園大革命』『ボクサー』、東映動画『銀河鉄道999』、角川映画『ボビーに首ったけ』などを執筆する。 大林宣彦監督とは多く仕事を行い、『青春デンデケデケデケ』『あの、夏の日』『告別』『理由』など映画を71本近く執筆した。 また、ピンク映画のシナリオを、複数のペンネームを使って執筆している。 テレビはNHKテレビ小説『水色の時』、銀河テレビ小説『青春』(ギャラクシー賞)、『ザ・ガードマン』、『必殺仕事人』、『虹のエアポート』等、1000本あまりの作品を精力的に執筆している。

受賞作一覧

2011

第20回日本映画批評家大賞

1972

第27回毎日映画コンクール