受賞作ドットジェイピー

笠智衆

Wikipedia情報

笠 智衆(りゅう ちしゅう、1904年(明治37年)5月13日 - 1993年(平成5年)3月16日)は、日本の俳優。 1925年(大正14年)に松竹に入社し、10年間ほど大部屋俳優として過ごした後、小津安二郎監督に見いだされ、彼の『大学よいとこ』で助演。以降『晩春』『東京物語』など、小津作品には欠かせない俳優となった。小津作品以外にも黒澤明、木下惠介、岡本喜八、山田洋次等、名匠の作品に数多く登場し、貴重なバイプレーヤーとして活躍。一貫して日本の父親像を演じてきた。 映画俳優へ 熊本県玉名郡玉水村(現玉名市)立花で父淳心、母トシの次男として生まれる。生家は浄土真宗本願寺派来照寺 で、父が住職を務めていた。「笠智衆」という名前は本名である。玉水村立玉水尋常小学校、熊本県立玉名中学校(現熊本県立玉名高等学校・附属中学校)を卒業 後、旧制の東洋大学印度哲学科に入学。大学は実家の寺を継ぐために進学すると両親には告げていたが、実際にはその気はなかったという。 1925年(大正14年)に大学を中退し、松竹蒲田撮影所の俳優研究所第一期研究生の募集に合格、入所した。

受賞作一覧

1994

第38回エランドール賞

1990

第45回毎日映画コンクール

1987

第35回菊池寛賞

1970

第25回毎日映画コンクール

1952

第2回ブルーリボン賞

1951

第6回毎日映画コンクール

1948

第3回毎日映画コンクール

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 香川京子が『東京物語』の原節子、笠智衆、小津安二郎監督との秘話を明かす - ウオーカープラス 玉名の海岸“偉人絵巻” 岱明中生、古里テーマに壁画 [熊本県] - 西日本新聞 『おれは男だ!』出演の早瀬久美「今でも吉川くんと呼ばれる」 - ニフティニュース 2018年に名監督・小津安二郎の“狂気”がバズった理由 - ニフティニュース ガンジスに還る インドを舞台に描く、世代間ギャップの「普遍」 - 毎日新聞 「まんぷく」20話。萬平さん「おいで」長谷川博己の2大魅力 - ニコニコニュース しっかり者の娘から“親離れ宣言”された定年の父をラジオ体操が救う! 「体操しようよ」で家族と第2の人生を見直そうよ/週末エンタメ - サンケイスポーツ 笠智衆さんがワイ談なんかする。信じられないでしょう? - 日刊ゲンダイ 笠智衆さんは「トシだから無理」と断わってきたんですが - 日刊ゲンダイ 放送35周年、芸術祭大賞ドラマ『波の盆』をめぐって - Yahoo!ニュース 個人