受賞作ドットジェイピー

米原万里

Wikipedia情報

米原 万里(よねはら まり、女性、1950年4月29日 - 2006年5月25日)は、日本の、ロシア語同時通訳・エッセイスト・ノンフィクション作家・小説家である。 著作には、『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』、『魔女の1ダース』、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』、『オリガ・モリソヴナの反語法』などがある。 東京都出身。明星学園高等学校を経て、東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。東京大学大学院露語露文学修士課程修了。 生い立ち 日本共産党常任幹部会委員だった衆議院議員・米原昶の娘として東京都中央区の聖路加病院で生まれる。父方の親類に有田芳生がいる。 大田区立馬込小学校3年生だった1959年(昭和34年)、父が日本共産党代表として各国共産党の理論情報誌 『平和と社会主義の諸問題』編集委員に選任され、編集局のあるチェコスロバキアの首都プラハに赴任することとなり、一家揃って渡欧した。

受賞作一覧

2003

第13回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

2002

第33回大宅壮一ノンフィクション賞

1997

第13回講談社エッセイ賞

1994

第46回読売文学賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 日本人初の宇宙飛行士、秋山さんが語る! 「私が選ばれた」真相 - ウェザーニュース 会いたい・2017年夏/4 米原万里さん そんたくなき毒舌貫く - 毎日新聞 抗がん剤治療をしていた医師も、自分は民間療法に頼ってしまうこれだけの理由 - ニフティニュース MUJI BOOKS文庫本 『佐野洋子』『茨木のり子』『米原万里』発売のお知らせ - PR TIMES (プレスリリース) 「姉・米原万里」韓国で好評 井上ユリさん、李賢進さん - 毎日新聞 「心に効く、愛と毒舌」米原万里没後10年フェア開催! - PR TIMES (プレスリリース) 米原万里 没後10年 今も通じる発言の本質 妹が明かす規格外の素顔 - 毎日新聞 井上ユリさん 『姉・米原万里 思い出は食欲と共に』 - 産経ニュース 岡崎 武志・評『姉・米原万里』『戦地の図書館』ほか - 毎日新聞 「好きな書評家、読ませる書評。」 書評アーカイブWEBサイト・ALL REVIEWSがオープン。 - PR TIMES (プレスリリース)