受賞作ドットジェイピー

綿矢りさ

Wikipedia情報

綿矢 りさ(わたや りさ、本名:山田 梨沙〈やまだ りさ〉、1984年2月1日 - )は、日本の小説家。 2006年に長編第3作『夢を与える』を発表。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後は専業作家として活動している。2012年、『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を最年少で受賞する。 筆名の「綿矢」は、姓名判断を参考に中学時代の同級生の姓「綿谷」から拝借したもの。 京都府京都市生まれ。父はサラリーマン(着物の会社)。子供の頃には、親から「本だけはいくら買ってもいい」と言われ、小遣いとは別に本を買ってもらうことが多かった。また、幼少期には本を読んでもらうこともあったという。 京都市立紫野高等学校在学中の2001年、「インストール」で第38回文藝賞受賞。当時17歳であり、第18回(1981年)の堀田あけみ(『アイコ十六歳』)以来20年ぶりの最年少タイ記録として話題となった(その後2005年に当時15歳の三並夏が記録更新)。

受賞作一覧

2012

第6回大江健三郎賞

2004

第130回芥川賞

2001

第38回文芸賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 【平成の証言】「墓参りしてから、主人の魂とともに判決を聞きに来た」(15年9月~16年2月) - 産経ニュース 芥川賞作家・綿矢りささんの父母 山田雅人さん、宏子さん/上 「小説なら買ってあげる」 - 毎日新聞 芥川賞作家・綿矢りささんの父母 山田雅人さん、宏子さん/下 力を信じ、意見を尊重 - 毎日新聞 綿矢りさ、夫は「シーサーに似てるかな」 結婚生活を語る - AERA dot. 19歳で芥川賞も…綿矢りさが語った栄光と挫折と今と過去 - 日刊ゲンダイ 芥川賞を史上最年少受賞した綿矢りさが結婚・出産を経て、今、実感する心境の変化 「日記よりも生々しい気持ちが出ちゃって…」 - ニフティニュース 綿矢りさ原作・松岡茉優主演映画『勝手にふるえてろ』Blu-ray&DVD化 - CDJournal.com 愛や結婚はあと少しと努力するもの? #心に効く言葉 - MYLOHAS 揺れ迷う女たちの日々描写 『意識のリボン』綿矢りさ著 - 産経ニュース 安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』発刊記念 「 嵐山光三郎×平山雄一×綿矢りさ トークイベント(オリジナルトートバッグ付き)」開催決定 ~5月21日(月)19:30 ~ 20:30 ... - PR TIMES (プレスリリース)