受賞作ドットジェイピー

舟橋聖一

Wikipedia情報

舟橋 聖一(ふなはし せいいち、1904年(明治37年)12月25日 - 1976年(昭和51年)1月13日)は、日本の小説家。東京生れ。旧制水戸高等学校を経て東京帝国大学文学部卒。弟は脚本家の舟橋和郎。 大学在学中に『朱門』の同人になり、また四代目河原崎長十郎や村山知義らと共に劇団「心座」の旗揚げに尽力する。1926年(大正15年)10月、『新潮』に戯曲『白い腕』を発表し文壇入りする。その後、明治大学教授として教鞭をとるかたわら、雑誌『行動』に参加して『ダイヴィング』を発表、行動主義、能動精神運動の中心となり、行動的ヒューマニズムによる現実改革者としての地位を確立した。多くの戯曲を書くが、1938年(昭和13年)に『文学界』に発表した小説『木石』で認められる。 戦後は『雪夫人絵図』などの風俗小説で流行作家となった。一方で自らが中心となって作家連合の「伽羅(キアラ)の会」(きゃらのかい)を結成し、『風景』を創刊。日本文芸家協会理事に選出され、著作権問題の解決に尽力した。代表作に『悉皆屋康吉』『花の生涯』『絵島生島』『新・忠臣蔵』『ある女の遠景』『好きな女の胸飾り』『お市御寮人』などがある。

受賞作一覧

1967

第20回野間文芸賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 「舟橋聖一文学賞」に朝井まかてさん 滋賀・彦根 - 産経ニュース 朝井まかてさん「載るのがうれしくて」 彦根 /滋賀 - 毎日新聞 小学生の部1席、旭森小3年・川村さん /滋賀 - 毎日新聞 くらしナビ・カルチャー - 毎日新聞 瑳峨三智子の特集で実母・山田五十鈴との共演作「おしどりの間」など21本上映 - 映画ナタリー ヘタフェがJ1杉本獲得の動き今季22得点のC大阪FW - 京都新聞 サッカー北朝鮮選手団、日本へ東アジア選手権出場 - 京都新聞 山本音也さんらに賞状 彦根で授賞式 /滋賀 - 毎日新聞 山本音也さん「本懐に候」を選出 - 毎日新聞 「小説現代2017年11月号」掲載の冲方丁『戦の国』刊行記念インタビュー&腕利き書店員による書評エッセイを電子無料配信!! - PR TIMES (プレスリリース)