受賞作ドットジェイピー

若一光司

Wikipedia情報

若一 光司(わかいち こうじ、1950年10月16日 - )は、日本の作家・画家、テレビのコメンテーター。大阪府豊中市出身。大阪市立工芸高等学校美術科卒業。 来歴・人物 高校在学中から大阪(信濃橋画廊)・東京(村松画廊)で個展を開催するなど、現代美術作家として活動。1969年の村松画廊での個展では、ハツカネズミの死体(実物)を透明アクリルで挟んでプレスした作品を展示するなどして、一部で注目された。また、1970年には松本雄吉らと共に劇団日本維新派(現在の劇団維新派)の結成に参加。日本維新派の命名も、若一によるとされている。 高校を1年留年(理由は不明)して卒業後、コピーライターやCFディレクターを経て、1973年に企画会社プランニング・インターナショナルを設立。代表取締役・クリエィティブディレクターとして、各種の商品開発や販売促進、広告の企画制作に従事。ストリッパーと知的障害の青年との愛を描いた『海に夜を重ねて』(河出書房新社)で1983年度の文藝賞を受賞してからは、作家活動に専念。

受賞作一覧

1983

第20回文芸賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 広がる卒業生の輪 大阪市立工芸高卒「オトナ工芸魂」 - 大阪日日新聞 読売テレビ「ten.」の『若一調査隊』で枚方宿周辺が特集されるみたい。9月12日 - 枚方つーしん (プレスリリース) (ブログ) 若一光司さん 毒殺魔(幻冬舎、1836円) - 毎日新聞 クレオパトラの墓なのか? 「数週間のうちに結果公表」 - J-CASTニュース 関テレの特番、やらせ口止め…「カンテレ通信」で経緯報告 - スポーツニッポン 枚方が登場する本・映画・アニメなどまとめ - 枚方つーしん (プレスリリース) (ブログ) 10年ぶり公開のキリスト「聖骸布」本物?スタジオで謎解き - J-CASTニュース 【益田岩船】奇っ怪 愉快 豪快な巨石 - 朝日新聞 トップモデルの孤独死「いつも一人という感じの人だった」 - J-CASTニュース 【貴重な写真280点でよみがえる】『カメラが撮らえた大阪の昭和』発売【懐かしき昭和の光景】 - PR TIMES (プレスリリース)