受賞作ドットジェイピー

荻野目慶子

Wikipedia情報

荻野目 慶子(おぎのめ けいこ、1964年9月4日 - )は、日本の女優である。 熊本県出身。フロム・ファーストプロダクション所属。昭和学院高等学校卒業。実妹は、歌手の荻野目洋子。 1979年、舞台『奇跡の人』のヒロイン・ヘレン・ケラーの役を選ぶオーディションに合格し芸能界入り。その後、テレビの若者向けバラエティ番組 『YOU』(NHK教育)の司会や映画 『南極物語』への出演などで、タレント、新進若手女優として知られるようになった。その後も、テレビ、映画、舞台と幅広く出演。 1990年、当時の不倫相手であった映画監督が荻野目の自室で自殺、マスメディアに大きく取り上げられた。この際荻野目は精神的苦痛を訴え、将来に絶望したことがあったが、翌年には映画監督・深作欣二の勧めなどで出演した映画、『いつかギラギラする日』のヒロイン役で再び脚光を浴びた。 その後は2004年(平成16年)秋季(10-12月)のテレビドラマ(昼ドラ)『愛のソレア』(フジテレビ)に主演した。

受賞作一覧

2001

第56回毎日映画コンクール

1980

第5回報知映画賞