受賞作ドットジェイピー

辻井喬

Wikipedia情報

『堤清二』より : 堤 清二(つつみ せいじ、1927年3月30日 - 2013年11月25日)は、日本の実業家、小説家、詩人。学位は博士(経済学)(中央大学・1996年)。筆名は辻井 喬(つじい たかし)、横瀬 郁夫(よこせ いくお)。日本芸術院会員、財団法人セゾン文化財団理事長、社団法人日本文藝家協会副理事長、社団法人日本ペンクラブ理事、『歴程』同人、憲法再生フォーラム共同代表、日本中国文化交流協会会長。グスタフ・マーラーにも造詣が深い。 西武流通グループ代表、セゾングループ代表などを歴任した。弟は元西武鉄道会長の堤義明。 本稿では編集の都合上、「実業家:堤清二」と「小説家・詩人:辻井喬」の両者としての経歴を包括している。 1927年、西武グループの創業者堤康次郎と、康次郎の妾(後に本妻)・青山操の間に生まれる。青山は当時康次郎と内縁関係にあったが(のち入籍)、康次郎は5人の女性との間に5男2女を持つ。この事は父への反抗につながり、日本共産党入党や文学への傾倒へのきっかけとなっていく。また「父との確執と、父への理解」は、「小説家・辻井喬」を貫くテーマともなっている。

受賞作一覧

2009

第27回現代詩人賞

2007

第58回読売文学賞

2006

第24回現代詩花椿賞

2004

第57回野間文芸賞

2000

第1回親鸞賞

第38回藤村記念歴程賞

1994

第30回谷崎潤一郎賞

1993

第23回高見順賞

1984

第12回平林たい子文学賞