受賞作ドットジェイピー

鄭義信

Wikipedia情報

鄭 義信(チョン・ウィシン/てい よしのぶ、정의신、1957年7月11日 - )は、劇作家、脚本家、演出家。兵庫県姫路市出身。国籍は韓国。 姫路市立飾磨高等学校を経て同志社大学文学部中退後、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)美術科卒業。松竹で美術助手を務めた後、1987年劇団「新宿梁山泊」を旗揚げ、座付き作家となる。94年、『ザ・寺山』で岸田國士戯曲賞受賞。1995年新宿梁山泊退団。邦画話の脚本を担当するようになる。俳優として活動することもある。 2007年、新宿梁山泊が『それからの夏』を上演しようとし、鄭は自身の著作権を主張してこれを差し止めたが、金守珍を代表とする新宿梁山泊は、この戯曲が劇団の共同制作であることを主張し、自主上演権を求めて提訴した。 受賞歴 『月はどっちに出ている』第67回(1993年度)キネマ旬報ベスト・テン脚本賞 『ザ・寺山』第38回(1994年度)岸田國士戯曲賞 『愛を乞うひと』日本アカデミー最優秀脚本賞、第72回(1998年度)キネマ旬報ベスト・テン脚本賞 『血と骨』第78回(2004年度)キネマ旬報ベスト・テン脚本賞 『焼肉ドラゴン』第12回(2008年度)鶴屋南北戯曲賞、芸術選奨文部科学大臣賞 紫綬褒章(2014年) 脚本作品 舞台 アトリエ・ダンカンプロデュース『しゃばけ』(2013年) 日韓合作舞台『ぼくに炎の戦車を』(2012年) 新国立劇場『パーマ屋スミレ』(2012年) 勝田演劇事務所×海のサーカス『バケレッタ』(2009年) アトリエ・ダンカンプロデュース『鴨川ホルモー』(2009年) オペラシアターこんにゃく座『ネズミの涙』(2009年) 演劇集団 円『孤独から一番遠い場所』(2008年) 小宮孝泰一人芝居『線路は続くよどこまでも』(2008年) 新国立劇場『焼肉ドラゴン』(2008年) 新国立劇場『たとえば野に咲く花のように-アンドロマケ-』(2007年) 椿組『なつのしま、はるのうた』(2007年) 椿組『GS近松商店』(2006年) トム・プロジェクト『カラフト伯父さん』(2005年、2007年) 椿組『20世紀少年少女唱歌集』(2003年) オペラシアターこんにゃく座『オペラ・まげもん-MAGAIMON-』(2002年) 海のサーカス『杏仁豆腐のココロ』(2000年) オペラシアターこんにゃく座『ロはロボットのロ』(1999年) 新宿梁山泊『青き美しきアジア』(1994年) 新宿梁山泊『それからの夏』(1993年) 流山児★事務所『ザ・寺山』(1993年) 新宿梁山泊『愛しのメディア』(1992年) 新宿梁山泊『映像都市(チネチッタ)』(1990年、1991年) 新宿梁山泊『人魚伝説』(1990年、1995年) 新宿梁山泊『千年の孤独』(1988年、1989年、1999年) 新宿梁山泊『カルメン夜想曲』(1987年) 映画 月はどっちに出ている(1993年) 平成無責任一家 東京デラックス(1995年) 岸和田少年愚連隊(1996年) 愛を乞うひと(1998年) 犬、走る DOG RACE(1998年) 刑務所の中(2000年) OUT(2002年) お父さんのバックドロップ(2004年) レディ・ジョーカー(2004年) 血と骨(2004年) 信さん・炭坑町のセレナーデ(2010年) テレビ 世にも奇妙な物語-青い鳥(1992年) またも辞めたか亭主殿〜幕末の名奉行・小栗上野介〜(NHK・2003年) すみれの花咲く頃(NHK・2007年) 最後の戦犯(NHK・2008年) 著書 『千年の孤独/愛しのメディア』(ペヨトル工房 1989年) 『明日、ジェルソミーナと/カルメン夜想曲』(ペヨトル工房 1994年) 『ザ・寺山』(白水社 1994年) 『アンドレアスの帽子 舞台のある風景』(丸善ブックス 1995年) 『冬のサボテン』(新水社 1997年) 『たとえば野に咲く花のように/焼肉ドラゴン/パーマ屋スミレ 鄭義信戯曲集』リトルモア 2013 出演作品 映画 月はどっちに出ている(1993年) ユメノ銀河(1997年) 五条霊戦記 GOJOE(2000年) テレビ 課外授業 ようこそ先輩 「生まれた日の物語〜劇作家・演出家 鄭義信〜」(NHK・2009年) 脚注 ==。

受賞作一覧

2009

第12回鶴屋南北戯曲賞

2002

第57回毎日映画コンクール

1999

第22回日本アカデミー賞

1994

第38回岸田國士戯曲賞

1993

第48回毎日映画コンクール