受賞作ドットジェイピー

飯島耕一

Wikipedia情報

飯島 耕一(いいじま こういち、1930年2月25日 - 2013年10月14日)は、日本の詩人、小説家、日本芸術院会員、元明治大学法学部教授。長男は建築評論家の飯島洋一。 岡山市生まれ。旧制第六高等学校時代、シュペルヴィエルに傾倒。東京大学仏文科卒業。在学中、栗田勇らと『カイエ』を創刊、1953年、第一詩集『他人の空』を刊行する。1956年、大岡信らとシュルレアリスム研究会をつくる。『鰐』、『櫂』などに参加。翻訳、評論、小説もある。國學院大學教授を経て、2000年まで明治大学法学部のフランス語教授を務めた。 1974年、『ゴヤのファースト・ネームは』で高見順賞、1978年、『飯島耕一詩集』で藤村記念歴程賞、1983年、『夜を夢想する小太陽の独言』で現代詩人賞、1996年、小説『暗殺百美人』でBunkamuraドゥマゴ文学賞(選考委員・中村真一郎)、2005年、『アメリカ』で読売文学賞、詩歌文学館賞を受賞。

受賞作一覧

2005

第56回読売文学賞

第20回詩歌文学館賞

1996

第6回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

1983

第1回現代詩人賞

1978

第16回藤村記念歴程賞

1975

第5回高見順賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 飯島耕一氏が死去 詩人 - 日本経済新聞 「詩人3人展」 吉備路文学館 /岡山 - 毎日新聞 大岡信さん死去、86歳 詩人「折々のうた」 - 毎日新聞 南鳥島海底のレアアース調査船、横須賀帰港 - 日テレNEWS24 テレビが娯楽の王様だった時代とフジテレビの天下だった時代の終焉の象徴かも - BLOGOS