受賞作ドットジェイピー

馬場あき子

Wikipedia情報

馬場 あき子(ばば あきこ、1928年(昭和3年)1月28日 - )は、東京都出身の歌人、文芸評論家。短歌結社「かりん」主宰。日本芸術院会員。朝日歌壇選者。古典や能に対する造詣が深く、喜多実に入門、新作能の制作も行っている。また、『鬼の研究』など民俗学にも深い知識を持つ。本名:岩田暁子(いわた あきこ)。 日本女子専門学校(現・昭和女子大学)国文科卒業。夫は歌人の岩田正。門下には梅内美華子、坂井修一、米川千嘉子、今野寿美、日高堯子、松村由利子、日置俊次など。 1947年(昭和22年)- 「まひる野」に入会し、窪田章一郎に師事。 1948年(昭和23年)- この年より、東京都の中学・高校の教師を務める。 1955年(昭和30年)- 処女歌集『早笛』を刊行。古典、とりわけ能への造詣が深く独特な歌風を拓き、以後『地下にともる灯』『無限花序』『飛花抄』を刊行。 1959年(昭和34年)- 同年より翌年にかけて、教職員組合の婦人部長として、安保闘争のデモ等に参加。岸上大作らとの関わりを持つ。 1977年(昭和52年)- 『桜花伝承』で第2回現代短歌女流賞を受賞。

受賞作一覧

2012

第10回前川佐美雄賞

2007

第17回紫式部文学賞

1993

第45回読売文学賞

1989

第4回詩歌文学館賞

1986

第20回迢空賞

関連トピックス

This RSS feed URL is deprecated 馬場あき子 現代短歌女流賞受賞 古典や能評論も多く /徳島 - 毎日新聞 歌人の岩田正さんが死去 - swissinfo.ch 歌による日伊交流=酒井佐忠 - 毎日新聞 この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉 - 毎日新聞 <金口木舌>心に届く言葉の力 - 琉球新報 短歌・俳句の魅力、軽妙に 馬場さん・宇多さん対談、ファンら400人会場沸く /兵庫 - 毎日新聞 「現代の万葉集」詩歌を一般に返した 大岡信さん悼む声 - 朝日新聞 『日本国憲法の理念を語り継ぐ詩歌集』=鈴木比佐雄、佐相憲一・編 - 毎日新聞 小野出身の歌人・上田三四二を記念 来月から作品募集 /兵庫 - 毎日新聞 『寂しさが歌の源だから 穂村弘が聞く馬場あき子の波瀾万丈』 - 産経ニュース