受賞作ドットジェイピー

鵜飼康東

Wikipedia情報

鵜飼 康東(うかい やすはる、1946年6月20日 - )は、日本の経済学者。関西大学総合情報学部教授。滋賀県出身。
洛星高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。一橋大学大学院経済学研究科理論経済学・統計学専攻博士課程修了。藤野正三郎(一橋大学名誉教授)の弟子。新自由主義者でもある。
情報通信(ICT)資本が経済に与える影響の分析における日本での先駆者。The Society of Socionetwork Strategies, President(2004-). Editor in Chief, The Review of Socionetwork Strategies, Springer,(2006-).
歌人でもあり、アララギ系歌人佐藤佐太郎の最晩年の弟子。歌誌「運河」所属。1974年に「テクノクラットのなかに」で角川短歌賞を受賞している。
処女歌集『断片』(1980年)角川書店が、道浦母都子の歌集『無援の抒情』(1980年)雁書館とともに第25回現代歌人協会賞候補になる。第2歌集『ソシオネットワーク』(2005年)角川書店。

受賞作一覧

1974

第20回角川短歌賞