受賞作ドットジェイピー

「第5回日本推理作家協会賞」の検索結果:受賞作ドットジェイピー

日本推理作家協会賞:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、日本推理作家協会賞受賞作品の一覧など関連情報をごらんいただけます。
貴志祐介:受賞作ドットジェイピー
貴志 祐介(きし ゆうすけ、男性、1959年1月3日 - )は、日本の小説家。日本SF作家 クラブ会員。過去には岸 祐介(きし ゆうすけ)名義で作品を投稿していた。 生い立ち 大阪府出身。幼い頃から読書に親しみ、中学生時代からミステリやSFを読み始める。1 日で7冊読んだこともあったという。清風南海高等学校、京都大学経済学部卒業。大学4 年生の頃に投稿をはじめた。大学卒業後、朝日生命保険に入社した当初は小説を書く のを断念していたが、数年後に意欲が芽生えて執筆を再開している。1986年に第12回  ...
逢坂剛:受賞作ドットジェイピー
逢坂 剛(おうさか ごう、1943年11月1日 - )は、日本の小説家、推理作家。東京都文京 区生まれ。本名は中 浩正(なか ひろまさ)。父は挿絵画家の中一弥。 幼少期に母が 病死し、父子家庭で育つ。開成中学・高校を経て、中央大学法学部法律学科へ進学。 学生運動たけなわの頃であり、司法試験受験は早々とあきらめ1966年に卒業、博報堂 に勤務する傍ら、執筆活動を行う。17年ほど兼業した後、1997年に社屋が芝浦に移る のを機に31年勤めた同社を早期退職し、神田神保町にオフィスを構える専業作家となっ た。
1955年:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、1955年の各賞の受賞作品一覧など関連情報をごらんいただけます。
小杉健治:受賞作ドットジェイピー
1982年、「牧原博士、最後の鑑定書」で第21回オール讀物推理小説新人賞候補。 1983年、「原島弁護士の処置」で第22回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、小説家 デビュー。 1986年、「赤い証言」で第40回日本推理作家協会 短編および連作短編集 部門候補。 1987年、『絆』で第41回日本推理作家協会賞長篇部門受賞。 1988年、『絆 』で第98回直木三十五賞候補。 1990年、『土俵を走る殺意』で第11回吉川英治文学 新人賞受賞。 作品リスト 現代小説 ※ 注記:□=原島保(弁護士)登場作品、□=水木 邦夫( ...
翔田寛:受賞作ドットジェイピー
受賞・候補歴 2000年 - 「影踏み鬼」で第22回小説推理新人賞受賞 2001年 - 「奈落闇 恋乃道行」で第54回日本推理作家協会賞(短編部門)候補 2008年 - 「誘拐児」で第54 回江戸川乱歩賞受賞 2014年 - 「墓石の呼ぶ声」で第67回日本推理作家協会賞(短編 部門)候補 作品リスト やわら侍・竜巻誠十郎シリーズ 五月雨の凶刃(2008年11月 小学館文庫) 夏至闇の邪剣(2009年5月 小学館文庫) 秋疾風の悲槍(2009年11月 小学館文庫) 寒新月の魔刃(2010年2月 小学館文庫) 炎天華の惨刀(2010年6月 小学館文庫) ...
2014年:受賞作ドットジェイピー
第15回SFが読みたい!ベストSF. 国内編第1位 酉島伝法「皆勤の徒」; 国内編第2位 宮内悠介「ヨハネスブルグの天使たち」; 国内編第3位 谷甲州「星を創る者たち」; 国内編 第4位 藤井太洋「Gene Mapper -full build-」; 国内編第5位 野崎まど「know」; 国内編 第6位 法月綸太郎「ノックス・マシン」; 国内編第7位 菅浩江「誰に見しょとて」; 国内編第 8位 東浩紀「クリュセの魚」; 国内編第9位 「日本SF短篇50 日本SF作家クラブ創立50 周年記念アンソロジー」; 国内編第10位 梨木香歩「冬虫夏草」; 海外編第1位 クリストファー・ ...
2016年:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、2016年の各賞の受賞作品一覧など関連情報をごらんいただけます。
2009年:受賞作ドットジェイピー
第62回日本推理作家協会賞. 長編および連作短編集部門 柳広司「ジョーカー・ゲーム」; 長編および連作短編集部門 道尾秀介「カラスの親指」; 短編部門 曽根圭介「熱帯夜」; 短編部門 田中啓文「渋い夢」; 評論その他の部門 円堂都司昭「「謎」の解像度」; 評論 その他の部門 栗原裕一郎「〈盗作〉の文学史」 ...
2011年:受賞作ドットジェイピー
第12回SFが読みたい!ベストSF. 国内編第1位 上田早夕里「華竜の宮」; 国内編第2 位 北野勇作「どろんころんど」; 国内編第3位 東浩紀「クォンタム・ファミリーズ」; 国内編 第4位 長山靖生「日本SF精神史」; 国内編第5位 山本弘「去年はいい年になるだろう」; 国内編第6位 円城塔「後藤さんのこと」; 国内編第7位 山尾悠子「歪み真珠」; 国内編第8 位 大森望「ゼロ年代日本SFベスト集成」; 国内編第9位 大森望「NOVA2」; 国内編第10 位 小川一水「天冥の標2 救世群」; 海外編第1位 マイクル・フリン「異星人の郷」; 海外編 第2 ...