受賞作ドットジェイピー

「第9回海燕新人文学賞」の検索結果:受賞作ドットジェイピー

海燕新人文学賞:受賞作ドットジェイピー
海燕新人文学賞. 受賞作一覧. 1994年. 第13回 · 丹沢秦「落書きスプレー」. 1993年. 第 12回 · 小手鞠るい「おとぎ話」; 近藤弘子「遊食の家」. 1992年. 第11回 · 村本健太郎「 サナギのように私を縛って」. 1991年. 第10回 · 野中柊「ヨモギ・アイス」; 篠藤由里「 ガンジーの空」. 1990年. 第9回 · 角田光代「幸福な遊戯」; 松村栄子「僕はかぐや姫」. 1989年. 第8回 · 石黒達昌「最終上映」; 木下文緒「レプリカント・パレード」. 1988年. 第7 回 · 小川洋子「揚羽蝶が壊れるとき」; 太田健一「人生は疑似恋愛ゲーム」. 1987年. 第6 回.
石黒達昌:受賞作ドットジェイピー
石黒 達昌(いしぐろ たつあき、1961年9月5日 - )は、日本の小説家、医師、元東京大学 講師・文部科学省高等教育局医学教育課専門官・テキサス大学MDアンダーソン癌 センター助教授。 ... 東京学芸大学附属高等学校卒業、東京大学医学部卒業。 1989年 、「最終上映」で第8回海燕新人文学賞を受賞。 1994年、「平成3年5月2日、後天性 免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……」で第110回芥川龍之介賞 候補。『平成3年5月2日、後天性免疫不全 ... 1996年、『94627』で第9回三島由紀夫賞 候補。
「スプラッシュ」の検索結果:受賞作ドットジェイピー
CMディレクターとして「白戸家」シリーズなどを手がける一方、劇作家として岸田國士 戯曲賞を受賞。映画でも才覚を示し、長編第2弾「友だちのパパが好き」は、昨年の第28 回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で話題 … 1990年:受賞作ドット ジェイピー: 第14回すばる文学賞 · 大鶴義丹「スプラッシュ」; 山室一広「キャプテンの 星座」; 清水アリカ「革命のためのサウンドトラック」. 第12回野間文芸新人賞 · 佐伯一麦 「ショート・ サーキット」. 第9回海燕新人文学賞 · 角田光代「幸福な遊戯」; 松村栄子「僕 はかぐや姫」 .
1991年:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、1991年の各賞の受賞作品一覧など関連情報をごらんいただけます。
「忘却セッケン」の検索結果:受賞作ドットジェイピー
1994年. 第11回 · 小軌みつき「月食名簿」. 1993年. 第10回 · 正山千夏「忘却セッケン」; 森田候悟「曝野」. 1992年. 第9回 · 麻田圭子「モーニング・ サイレンス」; 羽根田康美「 シングルマザー」; 小笠原和幸「テネシーワルツ」. 1990年. 1993年:受賞作ドット ジェイピー: 奥泉光「ノヴァーリスの引用」; 保坂和志「草の上の朝食」. 第12回海燕新人 文学賞 · 近藤弘子「遊食の家」; 小手鞠るい「おとぎ話」. 第11回大阪女性文芸賞 · 葉山 由季「 二階」. 第10回早稲田文学新人賞 · 正山千夏「忘却セッケン」; 森田候悟「曝野」. 第10回織田 .
1993年:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、1993年の各賞の受賞作品一覧など関連情報をごらんいただけます。
1984年:受賞作ドットジェイピー
第9回報知映画賞. 作品賞 伊丹十三「お葬式」; 海外作品賞 バリー・レヴィンソン「 ナチュラル」; 主演男優賞 時任三郎「海燕ジョーの奇跡」; 主演女優賞 吉永小百合「おは ん」「天国の駅」; 助演男優賞 高品格「麻雀放浪記」; 助演女優賞 菅井きん「お葬式」; 新人賞 和田誠「麻雀放浪記」; 特別賞 宮本信子「お葬式」 ...
1987年:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、1987年の各賞の受賞作品一覧など関連情報をごらんいただけます。
野間文芸新人賞:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、野間文芸新人賞受賞作品の一覧など関連情報をごらんいただけます。
第112回文学界新人賞:受賞作ドットジェイピー
文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文藝雑誌『文學界』 の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞 者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70枚〜150 枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べ短めであることが特徴的で ある。毎年9月末日が締切日。ウェブでの応募も受け付けている。 受賞者一覧 第1回 から第10回 第1回(1955年) - 石原慎太郎「太陽の季節」(芥川賞受賞) 第2回(1956年 ) ...