受賞作ドットジェイピー

「1967年」の検索結果:受賞作ドットジェイピー

1967年:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、1967年の各賞の受賞作品一覧など関連情報をごらんいただけます。
波乃久里子:受賞作ドットジェイピー
1968年4月、六世・猿若明石を襲名。以降、新派以外にも新橋演舞場、明治座、三越 劇場、大阪松竹座、京都南座をはじめ全国の舞台で活動。舞台以外にもテレビドラマや 映画出演など幅広く活躍している。 出演作品 テレビドラマ 大河ドラマ(NHK) 赤穂浪士 (1964年) 源義経(1966年)- 萌子 役※総集編に登場 花神(1977年)- 幾松 役 葵 徳川 三代(2000年) - お初 役 われら九人の戦鬼(1966年、NET / 東映) - 小夜・美夜 役 三 匹の侍 第4シリーズ 第11話「小仏峠まかり通る」(1966年、CX) 旅路(1967年 - 1968  ...
文芸賞:受賞作ドットジェイピー
... 藤原国衡」・朴秀鴻 「日本の空の下で」 第2回 (1963年) 長編部門 受賞作なし 佳作 三輪秀彦 「内面の都市」・三枝和子 「葬送の朝」 中・短編部門 真継伸彦 「鮫」 佳作 八 登千代 「夜明けまで」・竹内泰宏 「見張り」 戯曲部門 受賞作なし 佳作 藤本義一 「日 時計の家」・古島一雄 「青ひげ」 第3回 (1964年) 受賞作なし 佳作 北小路功光 「ミクロ コスモス」 第4回 (1966年) 金鶴泳 「凍える口」 佳作 加藤敦美 「大山兵曹」 第5回 ( 1967年) 受賞作なし 第6回 (1969年) 受賞作なし(野中周平が受賞辞退) 第7回 ( 1970年) 黒羽 ...
第122回文学界新人賞:受賞作ドットジェイピー
... 第18回(1964年) - 長谷川敬「青の儀式」、五代夏夫「那覇の木馬」 第19回(1964年 ) - 該当作なし 第20回(1965年) - 高橋光子「蝶の季節」 佳作 - 森万紀子「単独者」 第 21回から第30回 第21回(1965年) - 該当作なし 佳作 - 野呂邦暢「ある男の故郷」 第22 回(1966年) - 野島勝彦「胎」 第23回(1966年) - 丸山健二「夏の流れ」(芥川賞受賞)、 宮原昭夫「石のニンフ達」 第24回(1967年) - 桑原幹夫「雨舌」 佳作 - 山田智彦「犬の 生活」 第25回(1967年) - 該当作なし 佳作 - 斎藤昌三「タナトス」、加藤とみを「鼠おとし 」(「 ...
オール讀物新人賞:受賞作ドットジェイピー
... 人「ぼてこ陣屋」 第28回(1966年) 菅野照代「ふくさ」 第29回(1966年) 山村直樹「 破門の記」 第30回(1967年) 土井稔「隣家の律義者」 第31回から第40回 第31回( 1967年) 該当作なし 第32回(1968年) 豊田行二「示談書」 第33回(1968年) 高森真 士「兇器」、川崎敬一「麦の虫」 第34回(1969年) 黒岩龍太「裏通りの炎」、会田五郎「 チンチン踏切」 第35回(1969年) 前田豊「川の終り」 第36回(1970年) 古屋甚一「潮の 齢」 第37回(1970年) 稲村格「はしか犬」 第38回(1971年) 藤沢周平「溟い海」 第39回 (1971年) ...
太宰治賞:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、太宰治賞受賞作品の一覧など関連情報をごらんいただけます。
ノーベル文学賞:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、ノーベル文学賞受賞作品の一覧など関連情報をごらんいただけます。
女流文学賞:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、女流文学賞受賞作品の一覧など関連情報をごらんいただけます。
田村俊子賞:受賞作ドットジェイピー
受賞作ドットジェイピーは、各種の賞を受賞した作品を紹介するサイトです。このページ では、田村俊子賞受賞作品の一覧など関連情報をごらんいただけます。
新潮社文学賞:受賞作ドットジェイピー
新潮社文学賞. 受賞作一覧. 1968年. 第14回 · 三浦朱門「箱庭」. 1967年. 第13回 · 阿川弘之「山本五十六」; 萩原葉子「天上の花」. 1966年. 第12回 · 吉行淳之介「不意の 出来事」. 1965年. 第11回 · 大江健三郎「個人的な体験」. 1964年. 第10回 · 高見順「 いやな感じ」. 1963年. 第9回 · 江藤淳「小林秀雄」. 1962年. 第8回 · 大岡昇平「花影」. 1961年. 第7回 · 庄野潤三「靜物」. 1960年. 第6回 · 河上徹太郎「日本のアウトサイダー 」. 1959年. 第5回 · 遠藤周作「海と毒薬」. 1958年. 第4回 · 吉田健一「日本について」. 1957年.

さらに 1967年  1967年生まれ  1967年 昭和  で検索する