受賞作ドットジェイピー

カンゾー先生

受賞一覧

1999

第22回日本アカデミー賞

1998

第53回毎日映画コンクール

第23回報知映画賞

第11回日刊スポーツ映画大賞

Wikipedia情報

『カンゾー先生』(カンゾーせんせい)は、1998年公開の日本映画。 監督は今村昌平。坂口安吾の原作を、今村とその息子である天願大介が脚色した。出演は柄本明、麻生久美子、世良公則、唐十郎、松坂慶子、伊武雅刀。 日本が敗戦を間近に控えた岡山県を舞台に、患者を「肝臓炎」としか診断しないことから「カンゾー先生」と揶揄される医者と、彼を取り巻く人々の人生を描いた喜劇映画である。 今村昌平が30年の間温めていた企画である。主人公の医者には、実際に開業医だった今村昌平の父親が投影されており、想いを込めて描いたという。カンヌ国際映画祭特別招待作品。 主演として当初は北村和夫に主役が打診されたが、北村は手術を受けたために無理となり、三國連太郎が起用された。しかし、撮影の1週間目ほどで自ら降板し、別の役で出演していた柄本明で撮り直されることになった。なお、緒形拳は北村和夫に頭を下げてまで主演を希望したが、今村監督に断られたという。三國の降板の理由については、今村側は三國の台詞覚えが悪いため、三國側は撮影中に膝を悪くしたため、と説明が分かれている。