受賞作ドットジェイピー

キッズ・リターン

受賞一覧

1997

第39回ブルーリボン賞

1996

第51回毎日映画コンクール

第21回報知映画賞

第9回日刊スポーツ映画大賞

Wikipedia情報

『キッズ・リターン』(Kids Return)は、1996年に公開された日本映画。北野武の6作目となる監督作品。オフィス北野とバンダイビジュアルによる製作。 さまざまな青年たちが大人の世界に踏み込み、さまざまな現実に直面する模様を描く青春映画。 1996年カンヌ国際映画祭監督週間正式出品作品。 あらすじ 落ちこぼれの高校生マサルとシンジは、高校が受験ムードになっても悪戯やカツアゲなどをして勝手気ままに過ごしていた。ある日、カツアゲの仕返しに連れて来られたボクサーに一発で悶絶したマサルは、自分もボクシングを始め舎弟のシンジを誘うが、皮肉にもボクサーとしての才能があったのはシンジであった。 ボクシングの才能がないと悟ったマサルはボクシングをやめ、以前にラーメン屋で出会ったヤクザの組長のもとで極道の世界に入り、二人は別々の道を歩むことになる。高校を卒業しプロボクサーとなったシンジは快進撃を続け、マサルは極道の世界で成り上がっていった。 しかし、ジムの先輩ボクサー・ハヤシからボクシング界の悪しき慣習を吹き込まれたシンジは、安易な道を選択するようになり、大事な試合で惨敗。