受賞作ドットジェイピー

一命

受賞一覧

2012

第66回毎日映画コンクール

第21回日本映画批評家大賞

Wikipedia情報

『一命』(いちめい、Harakiri : death of a samurai)は、三池崇史監督による2011年の日本映画である。第1回パロアルト国際映画祭、PAIFF&Dolby3D賞(3D技術賞)受賞。 滝口康彦の小説『異聞浪人記』を原作としており、小林正樹監督の『切腹』以来2度目の映画化である。時代劇初の3D映画。山日YBSグループ創立140周年記念作。音楽は坂本龍一が担当。主演は時代劇映画初出演となる市川海老蔵と瑛太。 第64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映されたが、無冠に終わった。 キャッチコピーは「いのちを懸けて、問う―― なぜ男は、切腹を願い出たのか――。世界を圧倒した衝撃の超大作。」。 全国460スクリーンで公開され、2011年10月15、16日の初日2日間で興収8,702万4,700円、動員7万2,858人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった。