受賞作ドットジェイピー

吉里吉里人


吉里吉里人 (上巻) (新潮文庫)

受賞一覧

1982

第13回星雲賞

1981

第33回読売文学賞

第2回日本SF大賞

Wikipedia情報

『吉里吉里人』(きりきりじん)は、井上ひさしの長編小説。 1973年から1974年、『終末から』(筑摩書房)創刊号から第8号に一部が連載された(未完、挿絵 佐々木マキ)。1978年5月から1980年9月まで『小説新潮』に連載され、1981年8月25日、新潮社から単行本として刊行された。表紙の絵は安野光雅。1985年9月27日、新潮文庫として上・中・下巻で文庫化された。第33回読売文学賞、第13回星雲賞、第2回日本SF大賞を受賞した。 2013年12月6日、電子書籍版が新潮社より、上・中・下巻で配信開始された。2015年3月27日には電子書籍の合本版が同社より配信開始された。 東北地方の一寒村が日本政府に愛想を尽かし、突如「吉里吉里国」を名乗り独立を宣言する。当然日本政府は反発、これを阻止すべく策を講じるが吉里吉里側は食料やエネルギーの自給自足で足元を固め、高度な医学(当時日本で認められていなかった脳死による臓器移植を含む)や独自の金本位制、タックス・ヘイヴンといった切り札を世界各国にアピールすることで存続をはかる。