受賞作ドットジェイピー

大誘拐

受賞一覧

1992

第15回日本アカデミー賞

1991

第46回毎日映画コンクール

第4回日刊スポーツ映画大賞

1979

第32回日本推理作家協会賞

Wikipedia情報

『大誘拐』(だいゆうかい)は、天藤真が1978年に発表した推理小説。82歳の小柄な老婆が国家権力とマスコミを手玉に取り百億円を略取した痛快な大事件を描く。1979年、第32回日本推理作家協会賞を受賞。週刊文春ミステリーベスト10の20世紀国内部門第1位。 あらすじ 導入 大阪刑務所にて三度目の服役となったスリ師の戸並健次(となみ けんじ)は、犯罪は割に合わないと悟る。しかし更生して生き直すためにはまとまった金が必要であると考え、最後の大勝負として和歌山の「最後の山林王」である老婦人の柳川とし子刀自(やながわ としこ とじ)の誘拐を決意する。健次はとし子が支援していた孤児園の出身で、篤志家で周囲からも敬愛される彼女が危険に晒されれば、家族も身代金を絶対に用意すると踏んだのだ。 健次は雑居房で知り合った空き巣の秋葉正義(あきば まさよし)を一味に誘い入れる。そこにカッパライの三宅平太(みやけ へいた)が仲間に入れてくれと懇願し、健次はそれを受ける。日本随一の山林王柳川とし子刀自を標的とし、身代金5千万で正義と平次に各1千万という誘拐計画を聞いた正義と平太は躊躇するが、健次の度胸とリーダーシップを信頼し、ここにチンピラたちの誘拐団が結成される。